坊っちゃん|中一 中二 (夏目漱石) | 国語教科書の素材辞典

坊っちゃん|中一 中二 (夏目漱石)

坊っちゃん は 夏目漱石 によって書かれた小説 です。中学一年生、中学二年生の教科書に採用されています。

タイトルや作者で検索

坊っちゃん の概要

作者、翻訳者

項目データよみがな
作品坊っちゃんぼっちゃん
作者夏目漱石
夏目漱石の教科書作品一覧
なつめそうせき
訳者

あらすじ、結末

項目データ
あらすじ(要約)・冒頭(書き出し)主人公の俺(坊ちゃん)は小さいころからふるまいが乱暴でよく周囲と問題を起こし、父や母、兄とはそりがあわなかったが、使用人の老婆・清だけはかわいがってくれた。子どものころに母親が亡くなり、六年後に父親も無くなった時、俺は中学校を卒業する年だった。同じくして兄は九州の会社に就職することになり、親の遺産を手じまいして、俺にも分け前をくれた。俺はその金で学問をすることに決め、物理学校に入学した。 坊っちゃんは東京の物理学校を卒業した後、四国の旧制中学校に数学の教師として赴任した。そこで、教頭の「赤シャツ」や美術教師の「野だいこ」、数学主任の「山嵐」、英語教師の「うらなり」と出会う。
引用元:Wikipedia
(436文字)

ChatGPTでもっと簡単にまとめられます。

(3~10秒後にボタンの下に赤文字で表示されます)

筆者の主張(考え)
主な登場人物坊ちゃん、赤シャツ、山嵐、うらなり、マドンナ、野だいこ
結末(末尾)・結論坊ちゃんは、夜遊び帰りの赤シャツと野だいこに山嵐と一緒にげんこつの制裁を加え、すぐに中学校を辞職して四国から東京に帰郷した。
文章種別小説
感想(例)

教科書に掲載されたのはいつから?何年生?

坊っちゃん は 1952 年の中学一年生 の教科書から採用されました。

学年掲載年度生まれ年換算
中学一年生1952~2001
2006~現行
掲載中≫光村図書出版の中一教科書
1939~1988
1993~現行
中学二年生1956~1992
2012~現行
掲載中≫東京書籍の中二教科書
掲載中≫教育出版の中二教科書
1942~1978
1998~現行
中学三年生1952~1965
2016~2020
1937~1950
2001~2005

坊っちゃん の本文の確認・学習の方法

電子ブック、スマホで読む方法

坊っちゃん をネット経由で読む方法を紹介します。

リンク所要時間
全文無料 青空文庫1時間以内
※リンク先は当サイトと無関係です

作品の出典はこの本です。作品詳細ページで、みんなの書評・レビューの確認や、一部書籍では試し読みができます。

お近くの図書館で借りることもできます。日本最大の図書館蔵書検索・カーリルで探してみましょう。

テスト対策の方法

坊っちゃん のテスト対策や、プリント・ワークブック宿題対策のサイトを紹介します。

以下のサイトは50音順に並んでいます。

文章 / 動画リンク
教科書の解説動画 岡崎健太のOK塾
テスト過去問文章 monDaiStock
練習問題文章 ゆみねこの教科書
※リンク先は当サイトと無関係です