はまひるがおの「小さな海」 (今西祐行) | 国語教科書の素材辞典

はまひるがおの「小さな海」 (今西祐行)

はまひるがおの「小さな海」 は 今西祐行 によって書かれた児童文学 です。

タイトルや作者で検索

はまひるがおの「小さな海」 の概要

作者、翻訳者

項目データよみがな
作品はまひるがおの「小さな海」はまひるがおのちいさなうみ
作者今西祐行
今西祐行の教科書作品一覧
いまにしすけゆき
訳者

あらすじ、結末

項目データ
あらすじ(要約)・冒頭(書き出し)岬の岩のちょっとしたすきまに、ひるがおが咲いていた。聞くと、はまひるがおは自分を摘み取って欲しいという。そうすると空が曇るらしい。話はこうだ。はまひるがおの近くの岩のくぼみに水たまりがあり、かわいいお魚が一匹いる。この前の嵐の夜、波がここまで来てこのお魚を残して波は引いてしまった。それからひるがおとお魚は友だちになる。ところが、水たまりの水は減り、本当に小さな海になってしまった。太陽が照ると熱くなるので、まひるがおは水を入れてお魚を助けたいのだという。僕は遠くの浜にいる子どもたちを呼び、はまひるがおの話を伝えた。そして、町に帰る自分の代わりに、毎日海の水をいれてくれるよう頼んだ。子どもたちはOKしてくれた。はまひるがおの小さな海に、今も魚はいるのだろうか。
(332文字)

ChatGPTでもっと簡単にまとめられます。

(3~10秒後にボタンの下に赤文字で表示されます)

筆者の主張(考え)
主な登場人物
結末(末尾)・結論
文章種別児童文学
感想(例)

教科書に掲載されたのはいつから?何年生?

はまひるがおの「小さな海」 は 1971 年の小学三年生 の教科書から採用されました。

学年掲載年度生まれ年換算
小学三年生1971~19911962~1982

はまひるがおの「小さな海」 の本文の確認・学習の方法

調査中です。