淋しい人間ー「こころ」を通じて|高校 (山崎正和) | 国語教科書の素材辞典

淋しい人間ー「こころ」を通じて|高校 (山崎正和)

淋しい人間ー「こころ」を通じて は 山崎正和 によって書かれた説明文 です。高等学校(論理国語)の教科書に採用されています。

タイトルや作者で検索

淋しい人間ー「こころ」を通じて の概要

作者、翻訳者

項目データよみがな
作品淋しい人間ー「こころ」を通じてさみしいにんげん
作者山崎正和やまざきまさかず
訳者

あらすじ、結末

項目データ
あらすじ(要約)・冒頭(書き出し) 「こころ」で先生が語る淋しさとは、恋愛を求めて人を人恋しさの行動に駆り立て、しかもその充実感よりはむしろ罪悪感を覚えさせる異様なものだ。作者は当時の時代思潮と結びつけて、自由と独立と己に満ちた時代に生きるみんなが体験する、本質的な精神現象と表現している。
 そして、先生と青年はともにこの自由と独立の生き方を貫こうとし、前時代的な「家」に代表される受動的な人間関係をを憎む点で共通だ。ところが、自らが人間関係の中で主体であろうとすると、他人によっても癒しがたい奇妙な淋しさが彼らを襲うのだ。
(250文字)

ChatGPTでもっと簡単にまとめられます。

(3~10秒後にボタンの下に赤文字で表示されます)

筆者の主張(考え)
主な登場人物
結末(末尾)・結論
文章種別説明文
感想(例)

教科書に掲載されたのはいつから?何年生?

淋しい人間ー「こころ」を通じて は 2023 年の高等学校 の教科書から採用されました。

学年掲載年度生まれ年換算
高等学校2023~現行

淋しい人間ー「こころ」を通じて の本文の確認・学習の方法

電子ブック、スマホで読む方法

調査中です。

テスト対策の方法

淋しい人間ー「こころ」を通じて のテスト対策や、プリント・ワークブック宿題対策のサイトを紹介します。

以下のサイトは50音順に並んでいます。

文章 / 動画リンク
教科書の解説動画 岡崎健太のOK塾
※リンク先は当サイトと無関係です