生と死が創るもの|高校 (柳澤桂子) | 国語教科書の素材辞典

生と死が創るもの|高校 (柳澤桂子)

生と死が創るもの は 柳澤桂子 によって書かれた説明文 です。高等学校(現代の国語)の教科書に採用されています。

タイトルや作者で検索

生と死が創るもの の概要

作者、翻訳者

項目データよみがな
作品生と死が創るものせいとしがつくるもの
作者柳澤桂子やなぎさわけいこ
訳者

あらすじ、結末

項目データ
あらすじ(要約)・冒頭(書き出し) 私たちがイメージする死は、生の終わりの一点だろう。しかし生命科学で考えると、そのような死の他に、生命を支えるための死がある。
 単細胞生物の世界では、どんどん増殖しつつ悪い細胞は棄てるといった能動的な死がある。人間も含めて一定の形を持つ多細胞生物では、遺伝的に悪い影響を及ぼす細胞を棄てる代わりに、一代限りで細胞を全て殺してしまう方法を採っている。しかし、単細胞として行動する生殖細胞から、また新たな個体を作り直すのだ。
 私たちが考えてきた死は、こうした生命世界のほんの一面に過ぎない。
(251文字)

ChatGPTでもっと簡単にまとめられます。

(3~10秒後にボタンの下に赤文字で表示されます)

筆者の主張(考え)
主な登場人物
結末(末尾)・結論
文章種別説明文
感想(例)

教科書に掲載されたのはいつから?何年生?

生と死が創るもの は 2017 年の高等学校 の教科書から採用されました。

学年掲載年度生まれ年換算
高等学校2017~現行

生と死が創るもの の本文の確認・学習の方法

電子ブック、スマホで読む方法

調査中です。

作品の出典はこの本です。作品詳細ページで、みんなの書評・レビューの確認や、一部書籍では試し読みができます。

お近くの図書館で借りることもできます。日本最大の図書館蔵書検索・カーリルで探してみましょう。

テスト対策の方法

生と死が創るもの のテスト対策や、プリント・ワークブック宿題対策のサイトを紹介します。

以下のサイトは50音順に並んでいます。

文章 / 動画リンク
教科書の解説動画 岡崎健太のOK塾
※リンク先は当サイトと無関係です