他者を理解するということ|高校 (鷲田清一) | 国語教科書の素材辞典

他者を理解するということ|高校 (鷲田清一)

他者を理解するということ は 鷲田清一 によって書かれた説明文 です。高等学校(現代の国語)の教科書に採用されています。

タイトルや作者で検索

他者を理解するということ の概要

作者、翻訳者

項目データよみがな
作品他者を理解するということたしゃをりかいするということ
作者鷲田清一
鷲田清一の教科書作品一覧
わしだきよかず
訳者

あらすじ、結末

項目データ
あらすじ(要約)・冒頭(書き出し) 他者の理解とは、他者と同じ気持ちになることではない。相手に苦しい問題が発生している場に居合わせ、逃げないことだ。この交わりの中で、言葉を交わし、相手と自分の差異を思い知る。そして相手をもっと理解しようとその場に居続けることで、本当のコミュニケーションが生まれると考える。これはもっと大きな社会的次元でも同じだと思う。(大修館書店の教科書、出典もこちら)

 他者の理解とは、他者と同じ気持ちになることではない。自分と他者の想いの違いを知り、それでも否定せず了解しようと思うことだ。わかろうと関心を寄せている相手のふるまいを確認し、人はわかってもらえたと感じる。理解できないからとその場を立ち去らず、なんとかわかろうとする姿勢が一番大切だ。(数研出版の教科書、出典は「臨床とことば(河合隼雄/鷲田清一 著)」)
(520文字)

ChatGPTでもっと簡単にまとめられます。

(3~10秒後にボタンの下に赤文字で表示されます)

筆者の主張(考え)
主な登場人物
結末(末尾)・結論
文章種別説明文
感想(例)

教科書に掲載されたのはいつから?何年生?

他者を理解するということ は 2013 年の高等学校 の教科書から採用されました。

学年掲載年度生まれ年換算
高等学校2013~現行

他者を理解するということ の本文の確認・学習の方法

電子ブック、スマホで読む方法

調査中です。

作品の出典はこの本です。作品詳細ページで、みんなの書評・レビューの確認や、一部書籍では試し読みができます。

お近くの図書館で借りることもできます。日本最大の図書館蔵書検索・カーリルで探してみましょう。

テスト対策の方法

他者を理解するということ のテスト対策や、プリント・ワークブック宿題対策のサイトを紹介します。

以下のサイトは50音順に並んでいます。

文章 / 動画リンク
教科書の解説動画 岡崎健太のOK塾
※リンク先は当サイトと無関係です