作業ロボットの悲劇|高校 (松田雄馬) | 国語教科書の素材辞典

作業ロボットの悲劇|高校 (松田雄馬)

作業ロボットの悲劇 は 松田雄馬 によって書かれた説明文 です。高等学校(現代の国語)の教科書に採用されています。

タイトルや作者で検索

作業ロボットの悲劇 の概要

作者、翻訳者

項目データよみがな
作品作業ロボットの悲劇さぎょうろぼっとのひげき
作者松田雄馬まつだゆうま
訳者

あらすじ、結末

項目データ
あらすじ(要約)・冒頭(書き出し) 人工知能には二種類の概念がある。弱い人工知能は、人間の知能の一部を代替する機械で、将棋や囲碁といった人間が作るルールのなかで最適解を導く道具だ。一方、強い人工知能は人間のように精神を宿すものだ。
 弱い人工知能に、人間の脳がやるように刻々と変化する周囲環境を認識させようとすると、無限の時間がかかり困難だ。このことは以前よりフレーム問題として知られている。まして現在強い人工知能は開発の目途すら立っていない。この研究の前進のためには、人間の持つ心の仕組みを理解することが必要だ。
(244文字)

ChatGPTでもっと簡単にまとめられます。

(3~10秒後にボタンの下に赤文字で表示されます)

筆者の主張(考え)
主な登場人物
結末(末尾)・結論
文章種別説明文
感想(例)

教科書に掲載されたのはいつから?何年生?

作業ロボットの悲劇 は 2022 年の高等学校 の教科書から採用されました。

学年掲載年度生まれ年換算
高等学校2022~現行

作業ロボットの悲劇 の本文の確認・学習の方法

電子ブック、スマホで読む方法

調査中です。

作品の出典はこの本です。作品詳細ページで、みんなの書評・レビューの確認や、一部書籍では試し読みができます。

お近くの図書館で借りることもできます。日本最大の図書館蔵書検索・カーリルで探してみましょう。

テスト対策の方法

作業ロボットの悲劇 のテスト対策や、プリント・ワークブック宿題対策のサイトを紹介します。

以下のサイトは50音順に並んでいます。

文章 / 動画リンク
教科書の解説動画 岡崎健太のOK塾
※リンク先は当サイトと無関係です