共鳴し引き出される力|高校 (伊藤亜紗) | 国語教科書の素材辞典

共鳴し引き出される力|高校 (伊藤亜紗)

共鳴し引き出される力 は 伊藤亜紗 によって書かれた説明文 です。高等学校(現代の国語)の教科書に採用されています。

タイトルや作者で検索

共鳴し引き出される力 の概要

作者、翻訳者

項目データよみがな
作品共鳴し引き出される力きょうめいしひきだされるちから
作者伊藤亜紗いとうあさ
訳者

あらすじ、結末

項目データ
あらすじ(要約)・冒頭(書き出し) 病や障害を持つと「できる/できない」と二分法的に分けて考えがちだが、それは危険だ。その考えが先回りの介助につながり、結局当事者が行為する機会を奪い、ますます無力にしていくからだ。
 失敗を未然に防ぐより、失敗が起きた時に備えることだ。障害があり自分一人の体で完結できないことを、他者の力を取り込んで自分をネットワーク化して生きる人たちがいる。社会は、彼らが示す能力の定義に習うべきだ。
(196文字)

ChatGPTでもっと簡単にまとめられます。

(3~10秒後にボタンの下に赤文字で表示されます)

筆者の主張(考え)
主な登場人物
結末(末尾)・結論
文章種別説明文
感想(例)

教科書に掲載されたのはいつから?何年生?

共鳴し引き出される力 は 2022 年の高等学校 の教科書から採用されました。

学年掲載年度生まれ年換算
高等学校2022~現行

共鳴し引き出される力 の本文の確認・学習の方法

電子ブック、スマホで読む方法

調査中です。

テスト対策の方法

共鳴し引き出される力 のテスト対策や、プリント・ワークブック宿題対策のサイトを紹介します。

以下のサイトは50音順に並んでいます。

文章 / 動画リンク
教科書の解説動画 岡崎健太のOK塾
※リンク先は当サイトと無関係です