側転と三夏|高校 (武田綾乃) | 国語教科書の素材辞典

側転と三夏|高校 (武田綾乃)

側転と三夏 は 武田綾乃 によって書かれた小説 です。高等学校(言語文化)の教科書に採用されています。

タイトルや作者で検索

側転と三夏 の概要

作者、翻訳者

項目データよみがな
作品側転と三夏そくてんとさんか
作者武田綾乃たけだあやの
訳者

あらすじ、結末

項目データ
あらすじ(要約)・冒頭(書き出し) 私(真綾)には姉の咲綾がいる。咲綾は私よりも運動神経が悪く不器用だが、手を貸してあげたくなる愛嬌がある。一方の私は陰で頑張っていて、何でもできるのが当たり前だったが、周りは失敗が多い咲綾のことばかり注目するため、もやもやした気持ちを抱えている。
 夏休み、私と咲綾は、田舎に独りで住む祖母を訪ねる。棚にある亡き祖父が撮影したDVDの中に、咲綾が側転を失敗した小4の運動会のDVDを見つける。失敗した側転の記憶は皆の中に残り、成功した私の側転は誰も覚えていないと、気持ちが暗くなる。ところが咲綾が昔話の中で、私が小4のときの側転が綺麗だったと、記憶をひもとき始める。びっくりする私に、咲綾は真綾に関することはよく覚えていると伝えた。咲綾の私への愛情を十分に感じて私は気持ちを吹っ切れ、素直に咲綾の側転が見たいとお願いした。
(365文字)

ChatGPTでもっと簡単にまとめられます。

(3~10秒後にボタンの下に赤文字で表示されます)

筆者の主張(考え)
主な登場人物真綾、咲綾、祖母
結末(末尾)・結論咲綾は思いつきで、姉妹で側転をして映像を家族に見てもらうことを提案する。こちらの同意も聞かず祖母に撮影を頼みに行ってしまう咲綾を見送り、私は力んでいた背中を伸ばした。 (三夏は初夏、仲夏、晩夏のこと。咲綾は国語が得意で、真綾との会話の中でこの知識を披露する。)
文章種別小説
感想(例)

教科書に掲載されたのはいつから?何年生?

側転と三夏 は 2022 年の高等学校 の教科書から採用されました。

学年掲載年度生まれ年換算
高等学校2022~現行

側転と三夏 の本文の確認・学習の方法

電子ブック、スマホで読む方法

調査中です。

作品の出典はこの本です。作品詳細ページで、みんなの書評・レビューの確認や、一部書籍では試し読みができます。

お近くの図書館で借りることもできます。日本最大の図書館蔵書検索・カーリルで探してみましょう。

テスト対策の方法

側転と三夏 のテスト対策や、プリント・ワークブック宿題対策のサイトを紹介します。

以下のサイトは50音順に並んでいます。

文章 / 動画リンク
教科書の解説動画 岡崎健太のOK塾
※リンク先は当サイトと無関係です