ポスト真実時代のジャーナリズム|高校 (国谷裕子) | 国語教科書の素材辞典

ポスト真実時代のジャーナリズム|高校 (国谷裕子)

ポスト真実時代のジャーナリズム は 国谷裕子 によって書かれた説明文 です。高等学校(現代の国語)の教科書に採用されています。

タイトルや作者で検索

ポスト真実時代のジャーナリズム の概要

作者、翻訳者

項目データよみがな
作品ポスト真実時代のジャーナリズムぽすとしんじつじだいのじゃーなりずむ
作者国谷裕子くにやひろこ
訳者

あらすじ、結末

項目データ
あらすじ(要約)・冒頭(書き出し) ポスト真実時代とは、人々が真実よりも自分の感情に寄り添う情報のほうを信頼してしまう時代だ。
 メディアの視聴者や読者は、いまやより能動的に自分の感情や思いに沿った情報だけを選ぶようになっている。経済格差の拡大によって進みつつある社会の分断は、こうした情報空間の分断により一層進んでいくかもしれない。しかし、多くの課題解決を目指す社会的合意形成に向けた対話に、多様性を提示するメディアの役割は一層重要だ。
 メディアやジャーナリズムは、異質なものに出会う場として今後も機能してほしい。
(248文字)

ChatGPTでもっと簡単にまとめられます。

(3~10秒後にボタンの下に赤文字で表示されます)

筆者の主張(考え)
主な登場人物
結末(末尾)・結論
文章種別説明文
感想(例)

教科書に掲載されたのはいつから?何年生?

ポスト真実時代のジャーナリズム は 2022 年の高等学校 の教科書から採用されました。

学年掲載年度生まれ年換算
高等学校2022~現行

ポスト真実時代のジャーナリズム の本文の確認・学習の方法

電子ブック、スマホで読む方法

調査中です。

テスト対策の方法

ポスト真実時代のジャーナリズム のテスト対策や、プリント・ワークブック宿題対策のサイトを紹介します。

以下のサイトは50音順に並んでいます。

文章 / 動画リンク
教科書の解説動画 岡崎健太のOK塾
※リンク先は当サイトと無関係です