開かれた文化|高校 (岡真理) | 国語教科書の素材辞典

開かれた文化|高校 (岡真理)

開かれた文化 は 岡真理 によって書かれた説明文 です。高等学校(現代の国語)の教科書に採用されています。

タイトルや作者で検索

開かれた文化 の概要

作者、翻訳者

項目データよみがな
作品開かれた文化ひらかれたぶんか
作者岡真理おかまり
訳者

あらすじ、結末

項目データ
あらすじ(要約)・冒頭(書き出し) 彼らの価値観の違いを文化の違いで結論づけるとき、彼らの文化を異質なものとして存在すると認めたにすぎない。本来、文化の違いとは、その文化の人々の考え方、感じ方を私たちが人間として理解できるようにするものだ。理解するからこそ、他者と批判も含めた対話が可能になる。
 自文化中心的に他文化の見ることをやめ、自文化を常に相対化して文化を理解することで、新しい普遍性へと世界を開くだろう。
(193文字)

ChatGPTでもっと簡単にまとめられます。

(3~10秒後にボタンの下に赤文字で表示されます)

筆者の主張(考え)
主な登場人物
結末(末尾)・結論
文章種別説明文
感想(例)

教科書に掲載されたのはいつから?何年生?

開かれた文化 は 2013 年の高等学校 の教科書から採用されました。

学年掲載年度生まれ年換算
高等学校2013~現行

開かれた文化 の本文の確認・学習の方法

電子ブック、スマホで読む方法

調査中です。

テスト対策の方法

開かれた文化 のテスト対策や、プリント・ワークブック宿題対策のサイトを紹介します。

以下のサイトは50音順に並んでいます。

文章 / 動画リンク
教科書の解説動画 岡崎健太のOK塾
※リンク先は当サイトと無関係です