経済の論理/環境の倫理|高校 (岩井克人) | 国語教科書の素材辞典

経済の論理/環境の倫理|高校 (岩井克人)

経済の論理/環境の倫理 は 岩井克人 によって書かれた説明文 です。高等学校(現代の国語)の教科書に採用されています。

タイトルや作者で検索

経済の論理/環境の倫理 の概要

作者、翻訳者

項目データよみがな
作品経済の論理/環境の倫理けいざいのろんりかんきょうのろんり
作者岩井克人いわいかつひと
訳者

あらすじ、結末

項目データ
あらすじ(要約)・冒頭(書き出し) 経済学は、人間が合理的な存在だと仮定する。その上で、資本主義社会では自己利益の追求が社会全体の利益を増進するので、倫理は不要とされた。
 ところが、環境破壊は人々が自己利益を追求した結果で引き起こされ、倫理性の欠如が問題だ。経済学の論理では、環境破壊で被害を受ける未来世代が現在世代に補償を請求し、その費用を考慮すると現在世代の環境破壊が抑制されるはずだ。ところが、未来世代との取引は論理的に不可能だ。であれば立場的に無力な未来世代を前にし、現代世代は未来世代の利益を自己利益より優先して行動する、倫理的な行動が義務となる。
 よって経済学の論理を極限まで推し進めると、とうとう倫理が唯一の原理となるのである。
(312文字)

ChatGPTでもっと簡単にまとめられます。

(3~10秒後にボタンの下に赤文字で表示されます)

筆者の主張(考え)
主な登場人物
結末(末尾)・結論
文章種別説明文
感想(例)

教科書に掲載されたのはいつから?何年生?

経済の論理/環境の倫理 は 2007 年の高等学校 の教科書から採用されました。

学年掲載年度生まれ年換算
高等学校2007~現行

経済の論理/環境の倫理 の本文の確認・学習の方法

電子ブック、スマホで読む方法

調査中です。

作品の出典はこの本です。作品詳細ページで、みんなの書評・レビューの確認や、一部書籍では試し読みができます。

お近くの図書館で借りることもできます。日本最大の図書館蔵書検索・カーリルで探してみましょう。

テスト対策の方法

経済の論理/環境の倫理 のテスト対策や、プリント・ワークブック宿題対策のサイトを紹介します。

以下のサイトは50音順に並んでいます。

文章 / 動画リンク
教科書の解説動画 岡崎健太のOK塾
※リンク先は当サイトと無関係です