百羽のつる (花岡大学) | 国語教科書の素材辞典

百羽のつる (花岡大学)

百羽のつる は 花岡大学 によって書かれた児童文学 です。

タイトルや作者で検索

百羽のつる の概要

作者、翻訳者

項目データよみがな
作品百羽のつるひゃっぱのつる
作者花岡大学はなおかだいがく
訳者

あらすじ、結末

項目データ
あらすじ(要約)・冒頭(書き出し)百羽のつるが、北の方から南へ向かって飛んでいる。もうすぐ、目的地の湖のほとりにつくことができる。先頭のつるがみんなを励まし、少し飛ぶスピードをあげた。するとその時、一番後ろを飛んでいた小さな子どものつるが、群れについていけず下へ落ち始めた。でも子どものつるは、目的地が近づいて喜んでいる他のつるのことを思って、助けを求めなかった。やがて気を失ってしまう。その前を飛んでいるつるが鳴いて群れに知らせ、99羽のつるがいっせいに下へ下へと落ち始める。そして99羽はさっと羽を組んで一枚の白い網となった。
(248文字)

ChatGPTでもっと簡単にまとめられます。

(3~10秒後にボタンの下に赤文字で表示されます)

筆者の主張(考え)
主な登場人物大きなつる、子どものつる
結末(末尾)・結論99羽は網の上に子どものつるを受け止め、そのまま空へ舞い上がった。先頭のつるが気を失った子どものつるを足で抱え、また百羽に戻った群れは空のかなたへ飛んで行く。
文章種別児童文学
感想(例)

教科書に掲載されたのはいつから?何年生?

百羽のつる は 1977 年の小学三年生 の教科書から採用されました。

学年掲載年度生まれ年換算
小学三年生1977~2001
2005~2010
1968~1992
1996~2001

百羽のつる の本文の確認・学習の方法

調査中です。