のらねこ (三木卓) | 国語教科書の素材辞典

のらねこ (三木卓)

のらねこ は 三木卓 によって書かれた児童文学 です。

タイトルや作者で検索

のらねこ の概要

作者、翻訳者

項目データよみがな
作品のらねこのらねこ
作者三木卓
三木卓の教科書作品一覧
みきたく
訳者

あらすじ、結末

項目データ
あらすじ(要約)・冒頭(書き出し)のらねこがリョウのうちの庭にやってきた。いじめない、かわいがりたいだけだとのらねこに伝えても、少しも油断しない。でも、かわいがるのと交換条件で猫のエサの缶詰をあげることにしたところ、のらねこも信用しかわいがられてもいい、という。しかし、実はのらねこはかわいがられるという意味を知らなかった...
(147文字)

ChatGPTでもっと簡単にまとめられます。

(3~10秒後にボタンの下に赤文字で表示されます)

筆者の主張(考え)
主な登場人物リョウ、のらねこ
結末(末尾)・結論リョウと飼い猫が、からすと三人で遊ぼうと走っていき、その姿をのらねこが屋根の上からながめている。
文章種別児童文学
感想(例)

教科書に掲載されたのはいつから?何年生?

のらねこ は 1996 年の小学三年生 の教科書から採用されました。

学年掲載年度生まれ年換算
小学三年生1996~20231987~2014

のらねこ の本文の確認・学習の方法

調査中です。