大江健三郎の作品 | 国語教科書の素材辞典

大江健三郎の作品

大江 健三郎(おおえ けんざぶろう、1935年〈昭和10年〉1月31日 – 2023年〈令和5年〉3月3日)は、日本の小説家。昭和中期から平成後期にかけて活躍した現代日本文学を代表する作家の一人である。愛媛県喜多郡大瀬村(現:内子町)出身。

1958年(昭和33年) 短編「飼育」で芥川龍之介賞、1967年(昭和42年)『万延元年のフットボール』で谷崎潤一郎賞、1973年(昭和48年)『洪水はわが魂に及び』で野間文芸賞、1983年(昭和58年)『「雨の木(レイン・ツリー)」を聴く女たち』で読売文学賞受賞。1994年(平成6年)ノーベル文学賞受賞。

引用元:Wikipedia

随筆・随想

読書記録をつける|中三 (大江健三郎)

随筆・随想

吟味された言葉 (大江健三郎)

随筆・随想

チャンピオンの定義|高校 (大江健三郎)

高校国語

想像し物語ること|高校 (大江健三郎)

高校国語

言葉によって|高校 (大江健三郎)

高校国語

どんな人になりたかったか? (大江健三郎)

高校国語

同情トイフコト (大江健三郎)

高校国語

ある時間、待ってみてください (大江健三郎)

高校国語

シンガポールのゴムまり (大江健三郎)

高校国語

しずくのなかに (大江健三郎)

高校国語

ニつの「水」 (大江健三郎)

高校国語

想像力はどんな働きをするか (大江健三郎)

高校国語

鳥 (大江健三郎)