夕日がせなかをおしてくる|小三 (阪田寛夫) | 国語教科書の素材辞典

夕日がせなかをおしてくる|小三 (阪田寛夫)

夕日がせなかをおしてくる は 阪田寛夫 によって書かれた詩 です。小学三年生の教科書に採用されています。

タイトルや作者で検索

夕日がせなかをおしてくる の概要

作者、翻訳者

項目データよみがな
作品夕日がせなかをおしてくるゆうひがせなかをおしてくる
作者阪田寛夫
阪田寛夫の教科書作品一覧
さかたひろお
訳者

あらすじ、結末

項目データ
あらすじ(要約)・冒頭(書き出し)
夕日が背中をおしてくる
まっかなうででおしてくる
歩くぼくらのうしろから
でっかい声でよびかける
...
との書き出しで始まる

筆者の主張(考え)
主な登場人物
結末(末尾)・結論
文章種別
感想(例)

教科書に掲載されたのはいつから?何年生?

夕日がせなかをおしてくる は 1974 年の小学三年生 の教科書から採用されました。

学年掲載年度生まれ年換算
小学三年生1974~現行
掲載中≫東京書籍の小三教科書
掲載中≫学校図書の小三教科書
掲載中≫教育出版の小三教科書
1965~現行

夕日がせなかをおしてくる の本文の確認・学習の方法

調査中です。