ゆず|小五 (杉みき子) | 国語教科書の素材辞典

ゆず|小五 (杉みき子)

ゆず は 杉みき子 によって書かれた児童文学 です。小学五年生の教科書に採用されています。

タイトルや作者で検索

ゆず の概要

作者、翻訳者

項目データよみがな
作品ゆずゆず
作者杉みき子
杉みき子の教科書作品一覧
すぎみきこ
訳者

あらすじ、結末

項目データ
あらすじ(要約)・冒頭(書き出し)少女が雪の降る夜道を歩いていると、街頭の下に目指す家が見つからず困っているおばあさんを見かける。少女は家の場所に心当たりがあり、おばあさんに伝えて去ろうとするが、おばあさんの足元がおぼつかないのを見て、家まで先導することにした。おばあさんに頼まれ、持ち物のゆずを両手に抱えたまま案内する。去り際におばあさんが「お礼」についてつぶやくが、少女は気に留めず帰宅する。その翌日の夜、雪が晴れた道を少女が歩いている時、寒さに思わず手袋で口のあたりを覆うと、すがすがしいゆずの香りを感じた...
(242文字)

ChatGPTでもっと簡単にまとめられます。

(3~10秒後にボタンの下に赤文字で表示されます)

筆者の主張(考え)
主な登場人物少女、おばあさん
結末(末尾)・結論おばあさんのお礼が何だったか理解し、手袋の手を大事そうに星空に高くかざした。
文章種別児童文学
感想(例)

教科書に掲載されたのはいつから?何年生?

ゆず は 1992 年の小学五年生 の教科書から採用されました。

学年掲載年度生まれ年換算
小学五年生1992~1995
2015~現行
掲載中≫学校図書の小五教科書
1981~1984
2004~現行

ゆず の本文の確認・学習の方法

調査中です。