一つの花|小四 (今西祐行) | 国語教科書の素材辞典

一つの花|小四 (今西祐行)

一つの花 は 今西祐行 によって書かれた児童文学 です。小学四年生の教科書に採用されています。

タイトルや作者で検索

一つの花 の概要

作者、翻訳者

項目データよみがな
作品一つの花ひとつのはな
作者今西祐行
今西祐行の教科書作品一覧
いまにしすけゆき
訳者

あらすじ、結末

項目データ
あらすじ(要約)・冒頭(書き出し)幼い少女・ゆみ子の口癖は「一つだけちょうだい」だった。戦争が激しい時代で、食料不足であり、ゆみ子の両親は育ち盛りの彼女にお腹いっぱい食べさせたくても食べさせてあげる事が出来ず、「一つだけね」と言って聞かせてあげていた。ゆみ子の父にも召集令状が来て出征する事になり、見送りに来た。ゆみ子はお父さんのカバンの中には貴重なお米で作ったおにぎりが入っている事を知っていて、「おにぎり一つちょうだい」と言った。何度も「一つだけ」「一つだけ」と言うのでお父さんのおにぎりを全部食べてしまった。ゆみ子はその後もおにぎりを「一つちょうだい」とねだったが、もう彼女にあげるおにぎりは無かった。困ったお父さんは周囲を見渡し、ポツンと一つだけ咲いた一輪のコスモスの花を摘んでゆみ子に渡した。
引用元:Wikipedia
(470文字)

ChatGPTでもっと簡単にまとめられます。

(3~10秒後にボタンの下に赤文字で表示されます)

筆者の主張(考え)
主な登場人物
結末(末尾)・結論10年後、父親は戦死しお母さんと2人暮らしのゆみ子は成長して、家の手伝いをするしっかり者の女の子になっていた。今日も元気におつかいに出かけるゆみ子の姿があった。彼女が暮らす家の庭にはコスモスの花がたくさん咲いていた。
引用元:Wikipedia
文章種別児童文学
感想(例)

教科書に掲載されたのはいつから?何年生?

一つの花 は 1974 年の小学四年生 の教科書から採用されました。

学年掲載年度生まれ年換算
小学四年生1974~現行
掲載中≫東京書籍の小四教科書
掲載中≫学校図書の小四教科書
掲載中≫教育出版の小四教科書
掲載中≫光村図書出版の小四教科書
1964~現行

一つの花 の本文の確認・学習の方法

調査中です。