きつねのおきゃくさま|小二 (あまんきみこ) | 国語教科書の素材辞典

きつねのおきゃくさま|小二 (あまんきみこ)

きつねのおきゃくさま は あまんきみこ によって書かれた児童文学 です。小学二年生の教科書に採用されています。

タイトルや作者で検索

きつねのおきゃくさま の概要

作者、翻訳者

項目データよみがな
作品きつねのおきゃくさまきつねのおきゃくさま
作者あまんきみこ
あまんきみこの教科書作品一覧
あまんきみこ
訳者

あらすじ、結末

項目データ
あらすじ(要約)・冒頭(書き出し)はらぺこきつねがやせたひよこを見つけ、すぐ食べようと思ったが思いとどまり、どこかによい住み家がないか聞くひよこを、太らせてから食べようと家に連れ帰り育てる。ひよこは「やさしいおにいちゃん」と褒めきつねは嬉しくなる。ある日、ひよこは散歩に行き、やせたあひると会う。あひるがどこかよい住み家がないか聞くと、ひよこは親切なきつねの家が良いと勧め、食べられちゃうと恐れるあひるを説得する。そのやり取りをこっそり聞いていたきつねは嬉しくなる。きつねはひよことあひるに親切にする。さらにうさぎも仲間にはいる。ある日、おおかみがひよこ、あひる、うさぎを見つけて襲おうとする...
(282文字)

ChatGPTでもっと簡単にまとめられます。

(3~10秒後にボタンの下に赤文字で表示されます)

筆者の主張(考え)
主な登場人物きつね、ひよこ、あひる、うさぎ、おおかみ
結末(末尾)・結論ひよことあひるとうさぎは、オオカミと戦って死んだきつねのお墓の前で涙を流した。とっぴんぱらりのぷう。
文章種別児童文学
感想(例)

教科書に掲載されたのはいつから?何年生?

きつねのおきゃくさま は 1992 年の小学二年生 の教科書から採用されました。

学年掲載年度生まれ年換算
小学二年生1992~現行
掲載中≫学校図書の小二教科書
掲載中≫教育出版の小二教科書
1984~現行

きつねのおきゃくさま の本文の確認・学習の方法

調査中です。