その日、ぼくが考えたこと|小六 (重松清) | 国語教科書の素材辞典

その日、ぼくが考えたこと|小六 (重松清)

その日、ぼくが考えたこと は 重松清 によって書かれた児童文学 です。小学六年生の教科書に採用されています。

タイトルや作者で検索

その日、ぼくが考えたこと の概要

作者、翻訳者

項目データよみがな
作品その日、ぼくが考えたことそのひ、ぼくがかんがえたこと
作者重松清
重松清の教科書作品一覧
しげまつきよし
訳者

あらすじ、結末

項目データ
あらすじ(要約)・冒頭(書き出し)夕食時、ヒロ君はテレビニュースで同い年の男の子の交通事故死、海外の飢餓で苦しむ女の子の様子を見る。両親と、うちは幸せだねと話す。次にテレビは子だくさんの大家族を追う番組に変わり、一人っ子のヒロ君はお父さんやお母さんが不機嫌になることを知っていた。案の定、チャンネルは変えられ、ヒロ君はうちは不幸せなんだろうかと両親に問いかける。食事を済ませ、犬の散歩に向かう。散歩中、ニュースで見た男の子、女の子のことを考え、人生は幸せになったり不幸せになったりを繰り返すものかな、と思う...
(239文字)

ChatGPTでもっと簡単にまとめられます。

(3~10秒後にボタンの下に赤文字で表示されます)

筆者の主張(考え)
主な登場人物ヒロ君、お母さん、お父さん
結末(末尾)・結論犬の散歩から帰れば、テーブルにはケーキがおいてあるだろう。今日は僕の誕生日だ。
文章種別児童文学
感想(例)

教科書に掲載されたのはいつから?何年生?

その日、ぼくが考えたこと は 2015 年の小学六年生 の教科書から採用されました。

学年掲載年度生まれ年換算
小学六年生2015~現行
掲載中≫学校図書の小六教科書
2003~現行

その日、ぼくが考えたこと の本文の確認・学習の方法

調査中です。