月よに|小一 (安房直子) | 国語教科書の素材辞典

月よに|小一 (安房直子)

月よに は 安房直子 によって書かれた児童文学 です。小学一年生の教科書に採用されています。

タイトルや作者で検索

月よに の概要

作者、翻訳者

項目データよみがな
作品月よにつきよに
作者安房直子
安房直子の教科書作品一覧
あわなおこ
訳者

あらすじ、結末

項目データ
あらすじ(要約)・冒頭(書き出し)月夜に、ねずみのこどもが四角くいいものを拾いました。家に持ち帰ると、お父さんとお母さんはとても喜び、これはせっけんというものだと教えてくれました。ねずみの家族はにおいを楽しんだり、手を顔を洗ってみたりしました。
(105文字)

ChatGPTでもっと簡単にまとめられます。

(3~10秒後にボタンの下に赤文字で表示されます)

筆者の主張(考え)
主な登場人物ねずみのこども、お父さん、お母さん
結末(末尾)・結論ねずみの家族は幸せな気持ちで窓の月を眺める。
文章種別児童文学
感想(例)

教科書に掲載されたのはいつから?何年生?

月よに は 1989 年の小学一年生 の教科書から採用されました。

学年掲載年度生まれ年換算
小学一年生1989~2001
2005~現行
掲載中≫学校図書の小一教科書
1982~1994
1998~現行

月よに の本文の確認・学習の方法

調査中です。