プラタナスの木|小四 (椎名誠) | 国語教科書の素材辞典

プラタナスの木|小四 (椎名誠)

プラタナスの木 は 椎名誠 によって書かれた小説 です。小学四年生の教科書に採用されています。

タイトルや作者で検索

プラタナスの木 の概要

作者、翻訳者

項目データよみがな
作品プラタナスの木ぷらたなすのき
作者椎名誠
椎名誠の教科書作品一覧
しいなまこと
訳者

あらすじ、結末

項目データ
あらすじ(要約)・冒頭(書き出し)プラタナスの木が一本だけ生えたプラタナス公園で、マーちんと仲間たちはいつもサッカーをしていた。梅雨明けの頃、一人のおじいさんが木の下にあるベンチに座り、にこにこしてサッカーを眺めるようになる。やがて親しくなったおじいさんは、プラタナスの木の下に広がる大きな根のことを話してくれた。そのうち夏休みに入り、マーちん達は帰省や旅行でプラタナス公園に行かなくなる。そして、マーちんが祖父母の家にいるとき、大きな台風が襲った。台風が去った後、マーちんは森に行き、おじいさんが言った言葉を思い出す。やがて夏休みが終わると、プラタナス公園の木は台風で倒れかかり、危険だということで切られ、公園も立ち入り禁止になっていた。そして、立ち入り禁止が解けるとマーちんたちはまた遊びに行くようになったが、おじいさんは姿を見せなくなった
(355文字)

ChatGPTでもっと簡単にまとめられます。

(3~10秒後にボタンの下に赤文字で表示されます)

筆者の主張(考え)
主な登場人物マーちん、アラマちゃん、花島君、クニスケ
結末(末尾)・結論マーちんは切り株の上に立った。更に他のみんなを誘い、プラタナスの切り株の上で両手を広げて幹や枝のようになった。そして、次の春の訪れとおじいさんとの再会を期待する。
文章種別小説
感想(例)

教科書に掲載されたのはいつから?何年生?

プラタナスの木 は 2015 年の小学四年生 の教科書から採用されました。

学年掲載年度生まれ年換算
小学四年生2015~現行
掲載中≫光村図書出版の小四教科書
2005~現行

プラタナスの木 の本文の確認・学習の方法

調査中です。