大造じいさんとがん|小五 (椋鳩十) | 国語教科書の素材辞典

大造じいさんとがん|小五 (椋鳩十)

大造じいさんとがん は 椋鳩十 によって書かれた児童文学 です。小学五年生の教科書に採用されています。

タイトルや作者で検索

大造じいさんとがん の概要

作者、翻訳者

項目データよみがな
作品大造じいさんとがんだいぞうじいさんとがん
作者椋鳩十むくはとじゅう
訳者

あらすじ、結末

項目データ
あらすじ(要約)・冒頭(書き出し)大造じいさんは、栗野岳の麓の沼地を狩場としてガンを撃っていたが、翼に白い混じり毛を持つ「残雪」がガンの群れを率いるようになって、一羽の獲物も仕留められなくなっていた。ガンの頭領「残雪」(ざんせつ)との大造じいさんの知恵比べが続く。3年目、大造じいさんは初年に捕らえたガンを囮にし、残雪の群れを誘導できるよう調教した。囮作戦の決行のその日、群れはハヤブサの奇襲を受けるも、察した残雪の群れは一斉に飛び立った。しかし囮ガンは飛び遅れてしまい、ハヤブサが襲い掛かる。そこに残雪が割り込み、ハヤブサと交戦する。
引用元:Wikipedia
(432文字)

ChatGPTでもっと簡単にまとめられます。

(3~10秒後にボタンの下に赤文字で表示されます)

筆者の主張(考え)
主な登場人物大造、残雪
結末(末尾)・結論大造じいさんは残雪がハヤブサから受けた傷の手当てを行い、傷が癒えた残雪を放つ。飛び去る残雪を見ながら、卑怯な知恵比べではなく真っ向勝負を誓う。
引用元:Wikipedia
文章種別児童文学
感想(例)

教科書に掲載されたのはいつから?何年生?

大造じいさんとがん は 1951 年の小学六年生 の教科書から採用されました。

学年掲載年度生まれ年換算
小学五年生1953~現行
掲載中≫東京書籍の小五教科書
掲載中≫学校図書の小五教科書
掲載中≫教育出版の小五教科書
掲載中≫光村図書出版の小五教科書
1942~現行
小学六年生1951~1951
1965~1970
1939~1939
1953~1958
中学三年生2012~20151997~2000

大造じいさんとがん の本文の確認・学習の方法

電子ブック、スマホで読む方法

大造じいさんとがん をネット経由で読む方法を紹介します。

リンク所要時間
全文有料 Kindle10分以内
※リンク先は当サイトと無関係です

テスト対策の方法

調査中です。