ま行の作者 | 国語教科書の素材辞典

ま行の作者

児童文学

あひるのあくび|小一 (巻左千夫)

児童文学

かいがら|小一 (森山京)

児童文学

おとうとねずみチロ|小一 (森山京)

児童文学

ニャーゴ|小二 (宮西達也)

ぼくがここに|小三 (まど・みちお)

児童文学

ゆうすげ村の小さな旅館―ウサギのダイコン|小三 (茂市久美子)

児童文学

クマの風船|小三 (茂市久美子)

児童文学

走れ|小四 (村中李衣)

よかったなあ|小四 (まど・みちお)

児童文学

注文の多い料理店|小五 (宮沢賢治)

児童文学

大造じいさんとがん|小五 (椋鳩十)

児童文学

天にのぼったおけやさん|小一 (水谷章三)

いちばんぼし|小三 中一 (まど・みちお)

説明文・論説

ウミガメの命をつなぐ|小四 (松田乾)

児童文学

雪わたり|小五 (宮沢賢治)

雪|小五 高校 (三好達治)

はたはたのうた|小五 (室生犀星)

イナゴ|小六 (まど・みちお)

説明文・論説

どうぶつの赤ちゃん|小一 (増井光子)

児童文学

モモ|小五 (ミヒャエル・エンデ)

児童文学

帰り道|小六 (森絵都)

せんねん まんねん|小六 (まど・みちお)

児童文学

やまなし|小六 (宮沢賢治)

チューリップ|中一 (三好達治)

土|中一 (三好達治)

小説・戯曲

源氏物語|中一 高校 (紫式部)

随筆・随想

字のない葉書|中一 中二 (向田邦子)

説明文・論説

スズメは本当に減っているか|中二 (三上修)

小説・戯曲

最後の一句|中三 (森鴎外)

随筆・随想

本をよむことのおもしろさ|中一 (又吉直樹)

大阿蘇|中一 中二 (三好達治)

随筆・随想

谷間の君へ|中三 (宮下奈都)

さくら(独唱)|中三 (森山直太朗)

小説・戯曲

高瀬舟|中三 (森鴎外)

小説・戯曲

オツベルと象|中一 (宮沢賢治)

説明文・論説

水の山 富士山|中二 (丸井敦尚)

小説・戯曲

私|中三 高校 (三崎亜記)

説明文・論説

メディア・リテラシーはなぜ必要か?|中三 (森達也)

説明文・論説

AIは哲学できるか|中三 高校 (森岡正博)

小説・戯曲

バースデイ・ガール|中三 (村上春樹)

説明文・論説

比喩で広がる言葉の世界|中一 (森山卓郎)

随筆・随想

本との出会い|中一 (宮崎駿)

さくらの はなびら|中一 (まど・みちお)

見えないだけ|中二 (牟礼慶子)

小説・戯曲

盆土産|中二 (三浦哲郎)

小説・戯曲

羊と鋼の森|中三 (宮下奈都)

随筆・随想

ためになるってどんなこと?|中三 (森絵都)

説明文・論説

人間と人工知能と創造性|中三 (松原仁)

おさるがふねをかきました (まど・みちお)

説明文・論説

ほしたらどうなる (森枝卓士)

説明文・論説

手で食べる、はしで食べる (森枝卓士)

し (マーガレット・ワイズ・ブラウン)

説明文・論説

和紙の心 (町田誠之)

小説・戯曲

誓約書 (茂市久美子)

説明文・論説

「本物の森」で未来を守る (宮脇昭)

児童文学

えいっ (三木卓)

児童文学

のらねこ (三木卓)

いろいろな詩 (まど・みちお ジュール・ルナール)

随筆・随想

薫風 (黛まどか)

説明文・論説

子どもたちを救いたい ―オードリー=ヘプバーンの願い― (真鍋和子)

説明文・論説

くちばし (村田浩一)

説明文・論説

馬のおもちゃの作り方 (宮本えつよし)

児童文学

おにごっこ (もりしたはるみ)

説明文・論説

世界にほこる和紙 (増田勝彦)

小景異情|高校 (室生犀星)

説明文・論説

集まって住む (元倉眞琴)

説明文・論説

哲学的思考のすすめ (野矢茂樹)

小説・戯曲

木精 (森鴎外)

小説・戯曲

花いちもんめ (宮本研)

少年 (三好達治)

小説・戯曲

林と思想 (宮沢賢治)

消えゆく虫 (室生犀星)

白い闇のほうへ (岬多可子)

児童文学

音を追いかけて (まはら三桃)

説明文・論説

言葉のゆれを考える (三井はるみ)

説明文・論説

文化としての科学技術 (毛利衛)

児童文学

世界で一番の贈り物 (マイケル・モーパーゴ)

児童文学

花いっぱいになあれ (松谷みよ子)

説明文・論説

動物の体と気候 (増井光子)

児童文学

おまえうまそうだな (宮西達也)

児童文学

ランパンパン (マギー・ダフ)

児童文学

お父さんの手 (まはら三桃)

児童文学

三まいのおふだ (水沢謙一)

今日はきのうの続きだけれど (みつはしちかこ)

ちょうちょうひらひら (まど・みちお)

児童文学

あいしているから (マージョリー・ニューマン)

児童文学

いなばの白ウサギ (宮川ひろ)

児童文学

たろうのともだち (村山桂子)

児童文学

つばめのすだち (本若博次)

くまさん (まど・みちお)

いのち (三越左千夫)

はしる電車の中で (まど・みちお)

説明文・論説

「十秒」が命を守る (松森敏幸)

児童文学

ぶたばあちゃん (マーガレット・ワイルド)

児童文学

まほう使いのチョコレート・ケーキ (マーガレット・マーヒー)

児童文学

りすのわすれもの (松谷みよ子)

児童文学

ゆうやけ (森山京)

ふるさと (室生犀星)

説明文・論説

生き物は円柱形 (本川達雄)

説明文・論説

情報検索で開ける世界 (松永和紀)

説明文・論説

言語の有限性と無限性 (町田健)

小説・戯曲

いちご同盟 (三田誠広)

雨ニモマケズ (宮沢賢治)

説明文・論説

速い生活、だいじょうぶ? (本川達雄)

リンゴ (まど・みちお)

小説・戯曲

鉛筆削り (村上春樹)

峠 (真壁仁)

説明文・論説

文化を伝えるチンパンジー (松沢哲郎)

随筆・随想

朝焼けの中で (森崎和江)

くもはがようし (宮中雲子)

金のストロー (みずかみかずよ)

説明文・論説

森のスケーター やまね (湊秋作)

説明文・論説

とんぼの楽園づくり (森清和)

児童文学

ゆうだち (森山京)

児童文学

黄色いバケツ (森山京)

児童文学

ばけくらべ (松谷みよ子)

はしる しるしる (まど・みちお)

児童文学

茂吉のねこ (松谷みよ子)

児童文学

雪女 (松谷みよ子)

児童文学

幽霊をさがす (マーガレット・マーヒー)

説明文・論説

感情 (茂木健一郎)

説明文・論説

言葉の橋 (宮地裕)

説明文・論説

読書のすすめ・99冊の本 (増田みず子)

説明文・論説

考えるイルカ (村山司)

説明文・論説

言葉でパチリ (道浦母都子)

説明文・論説

テレビ映像の本質 (松田士朗)

随筆・随想

ごはん (向田邦子)

説明文・論説

話し言葉と書き言葉 (宮腰賢)

ことり (まど・みちお)

小説・戯曲

DIVE!! ダイブ (森絵都)

説明文・論説

車イスから見た町 (村田稔)

説明文・論説

胸の底の人と言葉たち (宮地裕)

小説・戯曲

ふわふわ (村上春樹)

説明文・論説

メディア社会を生きる (水越伸)

児童文学

いいものもらった (森山京)

児童文学

やまんばのにしき (松谷みよ子)

説明文・論説

カレーの旅 (森枝卓士)

小説・戯曲

手紙 (宮本輝)

今日 (まど・みちお)

小説・戯曲

桃源郷ものがたり (松居直)

児童文学

てがみ (森山京)

どこかで春が (百田宗治)

児童文学

春 (間所ひさこ)

説明文・論説

動物の体 (増井光子)

児童文学

マザー・テレサ (真鍋和子)

五月 (室生犀星)

児童文学

頭にかきの木 (望月新三郎)

説明文・論説

年の始まり (宮本袈裟雄)

児童文学

小鳥を好きになった山 (アリス・マクレーラン)

児童文学

いちばんの願いごと (ミヒャエル・エンデ)

児童文学

ケヤキの新芽 (みずかみかずよ)

説明文・論説

日本語を考える (水谷修)

説明文・論説

ボランティアしあおうよ (松兼功)

ともだち (まど・みちお)

説明文・論説

サンゴの海の生きものたち (本川達雄)

キリン (まど・みちお)

晴れ間 (三木露風)

ねぎぼうず (みずかみかずよ)

ケムシ・ (まど・みちお)

説明文・論説

動物のサイズと時間 (本川達雄)

説明文・論説

イメージからの発想 (森本哲郎)

優しい記憶 (牟礼慶子)

あすこの田はねえ (宮沢賢治)

小説・戯曲

フックの死―彗星物語 (宮本輝)

小説・戯曲

朝 (三木卓)

説明文・論説

地雷と聖火 (クリス・ムーン)

説明文・論説

海の中の声 (水口博也)

説明文・論説

魚を育てる森 (松永勝彦)

春よ、来い (松任谷由実)

てつぼう (まど・みちお)

説明文・論説

おおばこ (真船和夫)

児童文学

クロはぼくの犬 (宮川ひろ)

おちば (三越左千夫)

説明文・論説

手と道具 (松沢哲郎)

児童文学

海にしずんだおに (松谷みよ子)

小説・戯曲

おいの森とざる森、ぬすと森 (宮沢賢治)

児童文学

ふたりのバッハ (森忠明)

児童文学

まど (森山京)

北の春 (丸山薫)

ポポン… (まど・みちお)

説明文・論説

ともに生きたい (村田稔)

かき (まど・みちお)

児童文学

ふしぎな竹の子 (松野正子)

児童文学

アニーとおばあちゃん (ミスカ・マイルズ)

あいうえおのうた (まど・みちお)

がぎぐげごのうた (まど・みちお)

きゃきゅきょのうた (まど・みちお)

児童文学

はなび (森山京)

から (宮入黎子)

児童文学

屋根のうかれねずみたち (ジェイムズ・マーシャル)

児童文学

三まいのおふだ (松谷みよ子)

アサガオ (まど・みちお)

児童文学

宇宙をみたよ (毛利衛監修 松田素子)

説明文・論説

現代を生きる五音、七音 (三浦正雄)

説明文・論説

障子の破れに学ぶもの (森政弘)

小説・戯曲

絵本 (松下竜一)

空気 (まど・みちお)

小説・戯曲

原っぱのリーダー (眉村卓)

説明文・論説

クジラが人間を注目し始めた (水口博也)

説明文・論説

自然のシステムに学ぶ (宮脇昭)

説明文・論説

なぜ車輪動物がいないのか (本川達雄)

説明文・論説

「まあまあ」にみる日本人の心 (森本哲郎)

小説・戯曲

星の子 (マイケル・ドリス)

児童文学

水仙月の四日 (宮沢賢治)

説明文・論説

生命の青い光 (毛利衛)

児童文学

おいのり (三木卓)

随筆・随想

巨鯨の目 (水口博也)

小説・戯曲

銀河鉄道の夜 (宮沢賢治)

説明文・論説

比喩の世界 (森山卓郎)

説明文・論説

アジアの働く子供たち (松井やより)

説明文・論説

言葉はどこからどこへ (宮地裕)

はしるのだいすき (まど・みちお)

児童文学

大工とおに (松谷みよ子)

児童文学

沢田さんのほくろ (宮川ひろ)

児童文学

地図のある手紙 (宮川ひろ)

児童文学

赤神と黒神 (松谷みよ子)

知らない子 (宮澤章二)

白い建物 (村野四郎)

児童文学

ザーザー (森山京)

石ころ (まど・みちお)

きりん (まど・みちお)

蝉頃 (室生犀星)

どうしていつも (まど・みちお)

児童文学

いちょうの実 (宮沢賢治)

児童文学

火をぬすむ犬 (松谷みよ子)

児童文学

ムムルー (ヴァルデ・マール)

児童文学

ぶらんこ (森山京)

夕立 (みずかみかずよ)

説明文・論説

文を組み立てる (宮地裕)

児童文学

水玉 (森山京)

児童文学

ざんざん雨 (間所ひさこ)

説明文・論説

波にたわむれる貝 (森主一)

馬でかければ (みずかみかずよ)

児童文学

色が生まれる星 (ミカル・グレーニィエツ)

野を歩けば (丸山薫)

説明文・論説

言葉の旅と物の旅 (前田富祺)

とうげ (松永伍一)

児童文学

コスモス (森山京)

児童文学

そうじ当番 (那須正幹)

児童文学

鬼 (那須正幹)

随筆・随想

宇宙から見た地球 (毛利衛)

タンポポ (まど・みちお)

児童文学

きりかぶの赤ちゃん (まど・みちお)

小説・戯曲

ジャック・ロンドンの入れ歯 (村上春樹)

見えない季節|高校 (牟礼慶子)

説明文・論説

若者の国際性 (モレシャン)

児童文学

雑木林 (椋鳩十)

説明文・論説

高齢化社会ときみたち (三浦文夫)

小説・戯曲

山水の図 (三浦朱門)

説明文・論説

トレーニングの適量 (正木健雄)

児童文学

小道 (森山京)

にぎりこぶし (村野四郎)

いってみよ (宮中雲子)

児童文学

エッフェルとうの足音 (前川康男)

児童文学

とんがり山 (間所ひさこ)

児童文学

おはじき (宮川ひろ)

児童文学

いばりんぼのくせに (宮川ひろ)

つきよ (みずかみかずよ)

チョウチョウ (まど・みちお)

児童文学

月の輪ぐま (椋鳩十)

説明文・論説

歩み入る者にやすらぎを (森久保安美)

児童文学

きらきら光る足のつまさき (アレグザンダー・ミルン)

説明文・論説

サロマ湖の変化 (湊正雄)

説明文・論説

どうぶつのあし (村田浩一)

説明文・論説

「ことば」をおぼえたチンパンジー (松沢哲郎)

朝が来ると (まど・みちお)

児童文学

犬がかわいかったよ (宮地裕)

説明文・論説

粉と生活 (三輪茂雄)

説明文・論説

「こんにちは」の用法 (水谷修)

説明文・論説

静かさについて (森本哲郎)

児童文学

生きている民話 (松谷みよ子)

小説・戯曲

介添人 (三木卓)

説明文・論説

ヒューマニズムの精神 (真下信一)

説明文・論説

平和をつくり出すもの (宮田光雄)

小説・戯曲

帰って行ったサルたち (三木卓)

説明文・論説

美への配慮 (森本哲郎)

身構えているもの (宮澤章二)

説明文・論説

海の泡 (三宅泰雄)

説明文・論説

なぎさの暮らし (森本孝)

随筆・随想

おばあちゃんと花 (みなみらんぼう)

小説・戯曲

子馬 (ミハイル・ショーロホフ)

説明文・論説

日本語と国際交流 (宮地裕)

つけもののおもし (まど・みちお)

ヘビのうた (室生犀星)

説明文・論説

川と森と人間 (真船和夫)

巣立ち (松永伍一)

うしのそば (まど・みちお)

ふきのとう (水上多世)

金のストロー (水上多世)

うめの花 (宮澤章二)

児童文学

三日月 (松谷みよ子)

からすのうた (室生犀星)

児童文学

アジサイ (椋鳩十)

児童文学

だいじなかみ (松野正子)

児童文学

コンクリートのくつあと (牧ひでを)

児童文学

ひばり (間所ひさこ)

音 (まど・みちお)

児童文学

らくだはさばくへ (三田村信行)

児童文学

ぼく、にげちゃうよ (マーガレット・ブラウン)

児童文学

ガラスのかお (三井ふたばこ)

説明文・論説

気もちをつなぐことば (宮地裕)

説明文・論説

文の組み立て (宮地裕)

説明文・論説

おにの話 (牧田茂)

その日が来る (森忠明)

説明文・論説

ねむりについて (宮城音弥)

説明文・論説

言葉の使い方 (宮地裕)

未来へ (丸山薫)

木の中の人 (丸山薫)

説明文・論説

童歌の心と生命力 (松永伍一)

説明文・論説

砂漠への旅 (森本哲郎)

小説・戯曲

二人の友 (ギ・ド・モーパッサン)

ふるさとの (三木露風)

小説・戯曲

潮風の町 (松下竜一)

説明文・論説

香り (森本哲郎)

説明文・論説

通潤眼鏡橋 (源弘道)

説明文・論説

自然の知恵 (宮下正美)

説明文・論説

新しい文体の誕生 (三好行雄)

落ち葉 (三越左千夫)

わた毛の玉 (牧野文子)

小説・戯曲

民衆の幸せを求めて-柳田国男- (牧田茂)

てんぷらぴりぴり (まど・みちお)

小説・戯曲

附子 (三宅藤九郎)

春の岬に来て (三越左千夫)

鉄棒 (村野四郎)

説明文・論説

昔の童謡 (森末義彰)

小説・戯曲

春は夜汽車の窓から (三浦哲郎)

小説・戯曲

自然は守るもんですよ (水上勉)

随筆・随想

卵とわたし (向田邦子)

小説・戯曲

日記のない青春への疑問 (三浦綾子)

説明文・論説

自然の破壊 (宮脇昭)

鯉 (宮崎孝政)

小説・戯曲

V少年 (三木卓)

随筆・随想

ひとすじの道 ある少女の日々 (丸岡秀子)

説明文・論説

きみ自身のドラマ (森毅)

随筆・随想

夜を徹してスイスの冬の夜の思い出を友と語る (松尾浩也)

小説・戯曲

一個の人間 (武者小路実篤)

小説・戯曲

蝶の上昇 (三木卓)

随筆・随想

雷の落ちない村 (三橋節子)

小説・戯曲

おふくろの筆法 (三浦哲郎)

児童文学

しずかなお話 (サムイル・マルシャーク)

児童文学

花のすきな牛 (マンロー・リーフ)

ちょうちょとハンカチ (宮沢章二)

児童文学

山なし取り (松谷みよ子)

青い色 (丸山薫)

説明文・論説

正倉院とシルクロード (森豊)

児童文学

オリオン座の話 (南ちさと)

説明文・論説

方言と共通語 (松山市造)

説明文・論説

ことばのおこりと変化 (宮腰賢)

児童文学

指きり (松谷みよ子)

児童文学

はんぶんおりたところ (アラン・アレクサンダー・ミルン)

ほこりの中 (室生犀星)

あかいカーテン (みずかみかずよ)

児童文学

手のしごと (まえだかつや)

説明文・論説

文のつなぎ方 (宮地裕)

説明文・論説

富士は生きている (森下晶)

説明文・論説

言葉と事実 (森岡健二)

児童文学

親友との別れ (村上義人)

説明文・論説

ことばの意味 (三浦つとむ)

海つばめのうた (マクシム・ゴーリキー)

説明文・論説

身ぶりのことばから口ことばへ (ミハイル・イリーン)

児童文学

ぼくのじいちゃん (盛善吉)

忘春 (室生犀星)

説明文・論説

敬語の将来 (宮地裕)

夕だち (村野四郎)

おこっている海 (百田宗治)

説明文・論説

責任というもの (松田道雄)

説明文・論説

美しさへのめざめ (箕田源二郎)

説明文・論説

ファン・ヘルモントの実験 (真船和夫)

小説・戯曲

南伊予 (松本清張)

児童文学

きつねの地図 (松谷みよ子)

夕空 (丸山薫)

小説・戯曲

金色の朝 (三浦哲郎)

説明文・論説

論語私感 (武者小路実篤)

小説・戯曲

春の庭 (三木卓)

説明文・論説

個性的に生きる (丸木政臣)

説明文・論説

友人について (森本哲郎)

小説・戯曲

人間の歴史 (ミハイル・イリーン)

小説・戯曲

グリコーブドリの伝記 (宮沢賢治)

説明文・論説

自分が自分となる日 (南博)

児童文学

金色の里 (椋鳩十)

説明文・論説

市民とは何か (松田道雄)

説明文・論説

生きることは学ぶこと (むのたけじ)

小説・戯曲

宮沢賢治 (森荘已池)

小説・戯曲

一切れのパン (フランチスク・ムンテヤーヌ)

説明文・論説

現代の敬語 (宮地裕)

説明文・論説

〈近代〉の夜明け (三好行雄)

児童文学

モモちゃんが生まれたとき (松谷みよ子)

アヒルのうた (室生犀星)

ミンミンの歌 (室生犀星)

児童文学

雨上がり (間所ひさこ)

にじ色の魚 (村野四郎)

児童文学

クロ物語 (椋鳩十)

シカ (三好達治)

台風一過 (村野四郎)

児童文学

トムのへいぬり (マーク・トウェーン)

ブブル (三好達治)

カタツムリのうた (室生犀星)

木 (まど・みちお)

児童文学

雨くん (村山籌子)

児童文学

ふしぎなふろしきづつみ (前川康男)

児童文学

かげろう (宮川ひろ)

児童文学

花夕顔 (宮口しづえ)

説明文・論説

未知の世界への旅 (森本哲郎)

児童文学

ことりと木のは (宮脇紀雄)

児童文学

きつねの子のひろったていきけん (松谷みよ子)

こんこんこな雪ふる朝に (三好達治)

児童文学

片耳の大シカ (椋鳩十)

児童文学

マカルーの旗 (松尾伸)

小説・戯曲

火の国の迷路で-マゼラン航海記- (メノー・ホルスト)

説明文・論説

詩を味わう (村野四郎)

説明文・論説

石油に浮かぶ国 (牟田口義郎)

小説・戯曲

山椒大夫 (森鴎外)

小説・戯曲

海へのこがれ (ジョン・メイスフィールド)

随筆・随想

アルプスの春-「山村の人と四季」から (槇有恒)

随筆・随想

心を届けるもの (森田たま)

随筆・随想

鷹の虫 (松平定信)

小説・戯曲

桃源にて (武者小路実篤)

説明文・論説

あゆのなわばり (宮地伝三郎)

説明文・論説

日本人と自然の間柄 (宮脇昭)

郊外の春 (室生犀星)

未明の馬 (丸山薫)

おくれたつばめ (エドウィン・ミュア)

小説・戯曲

ジュールおじ (ギ・ド・モーパッサン)

説明文・論説

人間の権利への目ざめ (村井実)

説明文・論説

自然と開発 (宮脇昭)

説明文・論説

母の座 (丸岡秀子)

説明文・論説

コンピューターの働き (増田米二)

説明文・論説

詩の味わい (丸山薫)

説明文・論説

人と自然 (宮本常一)

どろの木によせる祈り (真壁仁)

小説・戯曲

針路、西 (メノー・ホルスト)

児童文学

赤毛のアン (ルーシー・モード・モンゴメリ)

説明文・論説

会議をささえるもの (宮地裕)

説明文・論説

琵琶湖の生物の危機 (森主一)

説明文・論説

情報時代に生きる (森本哲郎)

寂しき春 (室生犀星)

説明文・論説

近代の小説-自己の発見- (三好行雄)

セミ (丸山薫)

小説・戯曲

虔十公園林 (宮沢賢治)

児童文学

あわてもの (宮川ひろ)

くじゃく (まど・みちお)

にれの町 (百田宗治)

随筆・随想

絵をかく楽しみ (武者小路実篤)

水あゆのうた (室生犀星)

小説・戯曲

気のいい火山弾 (宮沢賢治)

花 (村野四郎)

出港 (村野四郎)

天じょう (村野四郎)

児童文学

黒たかをつぐ者 (マーガレット・コロニー)

犬があるく (まど・みちお)

ああ、どこかから (まど・みちお)

あじさい (三越左千夫)

児童文学

小さい牛追い (マリー・ハムズン(ハムスン夫人))

児童文学

母ぐま子ぐま (椋鳩十)

冬の山を見ていると (百田宗治)

説明文・論説

動物の不思議な感覚 (三浦義彰)

説明文・論説

うひ山ぶみ (本居宣長)

小説・戯曲

よだかの星|高校 (宮沢賢治)

鹿 (村野四郎)

小説・戯曲

ひも (ギ・ド・モーパッサン)

説明文・論説

情報化社会の夜明け (増田米二)

雪がつもる (丸山薫)

風 (丸山薫)

児童文学

月夜のバス (百田宗治)

春を待つ心 (前登志雄)

小説・戯曲

だるま (武者小路実篤)

あり (三越左千夫)

小鳥のしろ (宮入黎子)

夕焼け雲の下に (百田宗治)

説明文・論説

ケンジに拍手を (前田利郎)

説明文・論説

サルの話 (宮地伝三郎)

小説・戯曲

余吾の湖 (室鳩巣)

随筆・随想

玉勝間|高校 (本居宣長)

説明文・論説

国語国字問題 (マツサカタダノリ)

学校遠望 (丸山薫)

つばめは飛んで来る (丸山薫)

あゆのかげ (室生犀星)

小説・戯曲

良寛 (武者小路実篤)

春の朝早く (丸山薫)

説明文・論説

勉強したい、だけど遊びたい (松田道雄)

小鳥と少年 (村野四郎)

説明文・論説

事実と推定 (森岡健二)

児童文学

栗野岳の主 (椋鳩十)

小説・戯曲

物にはすべて名前がある (森岡健二)

海の印象 (丸山薫)

児童文学

黒部ダム (前川康男)

せみ (三好達治)

説明文・論説

このごろの農村 (松丸志摩三)

児童文学

軽業どんと医者どんと神主どん(越後の民話) (水沢謙一編)

朝 (丸山薫)

随筆・随想

アイガー東山稜の初登攀 (槇有恒)

説明文・論説

マス-コミュニケーションによる報道 (南博)

説明文・論説

みんなに発言の機会を (水原泰介)

遠い昔のように (丸山薫)

随筆・随想

父の帽子 (森茉莉)

夏草 (三好達治)

小説・戯曲

馬鹿一 (武者小路実篤)

小説・戯曲

キュリー夫人伝 (マリー・キュリー)

つばめ (三好達治)

説明文・論説

外国の詩 (村野四郎)

随筆・随想

愚公からハントまで (松方三郎)

小説・戯曲

稲作挿話 (宮沢賢治)

児童文学

親なし子グマ (ミルズ)

児童文学

花だんのあるうち (水谷まさる)

キャッチボール (百田宗治)

児童文学

かきの木 (槇本楠郎)

随筆・随想

音の世界 (宮城道雄)

説明文・論説

孔子のことば (武者小路実篤)

説明文・論説

新聞の文章 (モモセチヒロ)

杉の木はやっぱり杉のかおりがする (百田宗治)

説明文・論説

峠の上 (森千鶴子)

随筆・随想

都井岬 (村井米子)

島 (丸山薫)

説明文・論説

アユの話 (宮地伝三郎)

説明文・論説

自分で考えるということ (真下信一)

説明文・論説

ことばと事実 (森岡健二)

小説・戯曲

戸をたたく音 (武者小路実篤)

随筆・随想

手紙について (森田たま)

説明文・論説

詩の鑑賞 (村野四郎)

小説・戯曲

めくらぶどうとにじ (宮沢賢治)

小説・戯曲

安井夫人 (森鴎外)

こがらしの日 (室生犀星)

説明文・論説

日本語の主語 (三上章)

若葉はもえる (室生犀星)

巨人 (牟礼慶子)

説明文・論説

劇の演じ方 (宮津博)

小説・戯曲

若紫・すずめの子(源氏物語) (紫式部)

春の詩-若い歯というもの (室生犀星)

説明文・論説

コミュニケーションの働き (南博)

梅の花 (村野四郎)

説明文・論説

ことば (武者小路実篤)

小説・戯曲

たいせつな山 (森田たま)

小説・戯曲

はぎ大名 (三宅藤九郎)

第一ページ (丸山薫)

説明文・論説

詩の成り立ち (百田宗治)

木 (村野四郎)

あひる (室生犀星)

児童文学

正太郎ときつね (椋鳩十)

自由な海 (丸山薫)

小説・戯曲

祭りのばん (宮沢賢治)

随筆・随想

まささんのこと (丸岡秀子)

児童文学

水のいたずら (宮下正美)

説明文・論説

おおみずあおの観察 (松浦寛子)

随筆・随想

わたしは山がすきだ (槇有恒)

児童文学

池のほとりで (マツサカタダノリ)

説明文・論説

手とシャベル (ミハイル・イリーン)

説明文・論説

話には材料がたいせつ (森岡健二)

小説・戯曲

人形の家 (キャサリン・マンスフィールド)

説明文・論説

読書法について (宮沢俊義 大内兵衛)

小説・戯曲

怒濤 (森本薫)

説明文・論説

ぼくの書くときの苦心 (武者小路実篤)

説明文・論説

現在に生きる古いもの (森恭三)

説明文・論説

おとなの詩と子どもの詩 (百田宗治)

郊外にて (室生犀星)

随筆・随想

琴と私 (宮城道雄)

説明文・論説

単語と文字 (宮島達夫)

説明文・論説

ボートレース (松本弥太郎)

冬の霊魂 (室生犀星)

説明文・論説

花壇と野球 (森岡健二)

小説・戯曲

とけい台 (森田たま)