誓約書|小六 (茂市久美子) | 国語教科書の素材辞典

誓約書|小六 (茂市久美子)

誓約書 は 茂市久美子 によって書かれた小説 です。小学六年生の教科書に採用されています。

タイトルや作者で検索

誓約書 の概要

作者、翻訳者

項目データよみがな
作品誓約書せいやくしょ
作者茂市久美子もいちくみこ
訳者

あらすじ、結末

項目データ
あらすじ(要約)・冒頭(書き出し)正行は捨てられていた子ネコを家に連れて帰るが、クリーニング店を営むお父さんに飼うことを禁止され、また捨てに行くため家を出る。しかし捨てられずさまよっているうちに、またたびトラベルの前にたどり着き、事務所の中に入る。中にいた若者に事情を話すと、子ネコを預かる代わりに、誓約書を書くよう告げられる。それは、自分がお父さんになって子どもが子ネコを拾ってきたら家で飼う、という内容だった。正行は誓約書を書いて事務所を出る。一方、お父さんの正孝は正行の帰りが遅いので町中を探し回っているうち、道に迷ってまたたびトラベルの前に着く。
(260文字)

ChatGPTでもっと簡単にまとめられます。

(3~10秒後にボタンの下に赤文字で表示されます)

筆者の主張(考え)
主な登場人物正行、お父さん(正孝)、若者(またたびトラベル)
結末(末尾)・結論実は正孝も子どものころ、子ネコを拾って父親に捨てるよう命令され、またたびトラベルに預けたのだった。正孝が事務所に入ると、若者から子どものころの誓約書が不履行になると説得される。次第に正孝は子供のころからのネコを飼う夢を思い出して、正行が預けた子ネコを引き取る。事務所を出た路地の向こうには、自分のクリーニング店の看板がかがやいていた。
文章種別小説
感想(例)

教科書に掲載されたのはいつから?何年生?

誓約書 は 2020 年の小学六年生 の教科書から採用されました。

学年掲載年度生まれ年換算
小学六年生2020~現行
掲載中≫学校図書の小六教科書
2008~現行

誓約書 の本文の確認・学習の方法

調査中です。