天にのぼったおけやさん|小一 (水谷章三) | 国語教科書の素材辞典

天にのぼったおけやさん|小一 (水谷章三)

天にのぼったおけやさん は 水谷章三 によって書かれた児童文学 です。小学一年生の教科書に採用されています。

タイトルや作者で検索

天にのぼったおけやさん の概要

作者、翻訳者

項目データよみがな
作品天にのぼったおけやさんてんにのぼったおけやさん
作者水谷章三みずたにしょうぞう
訳者

あらすじ、結末

項目データ
あらすじ(要約)・冒頭(書き出し)昔の話、一人の桶屋さんが大きな風呂桶のたがをしめていたところ、たがたピーンとはじけて桶屋さんは天に飛ばされる。落ちた先が傘屋で、傘の見張り番をすることに。今度は風で傘が飛ばされてしまうところを二、三本つかんだところ空へ吹き上げられる。登った先が雷さんの雲の上。今度は雷さんの手伝いをすることになるが...
(152文字)

ChatGPTでもっと簡単にまとめられます。

(3~10秒後にボタンの下に赤文字で表示されます)

筆者の主張(考え)
主な登場人物おけや、かみなりさま、おしょう
結末(末尾)・結論雷雲から落ちてお寺の松の木に引っかかる。おしょうさんや近所に人が敷いてくれたふろしきにえいっと飛び降りたら、勢いて風呂敷の端をつかんでいた人が跳ね上がりごっちんこ。目から火が出て大きな木が燃えてしまった。
文章種別児童文学
感想(例)

教科書に掲載されたのはいつから?何年生?

天にのぼったおけやさん は 1989 年の小学一年生 の教科書から採用されました。

学年掲載年度生まれ年換算
小学一年生1989~1995
2011~現行
掲載中≫教育出版の小一教科書
掲載中≫教育出版の小一教科書
1982~1988
2004~現行

天にのぼったおけやさん の本文の確認・学習の方法

調査中です。