えいっ|小二 (三木卓) | 国語教科書の素材辞典

えいっ|小二 (三木卓)

えいっ は 三木卓 によって書かれた児童文学 です。小学二年生の教科書に採用されています。

タイトルや作者で検索

えいっ の概要

作者、翻訳者

項目データよみがな
作品えいっえいっ
作者三木卓
三木卓の教科書作品一覧
みきたく
訳者

あらすじ、結末

項目データ
あらすじ(要約)・冒頭(書き出し)くまの父さんと子どもが町に行きます。道路の赤信号がなかなか青にならないので子どもが父さんにたずねると、父さんは頃合いをみてえいっと言い、すると青に変わりました。すると、子どもは感心します。その後も、信号を青から赤に変えようとえいっと言うと、黄色に変わります。日が沈みかけたころ、空に星を出すためえいっと言うと、父さんが指したところと別の場所に出ます。子どもが月を出してほしいと頼むと、父さんはいろいろ理由を付けて今はできないと答えますが、子どもは納得します。家に帰ることにし、電車の切符を買うため自動券売機にお金を入れ、ボタンを押すときに父さんがえいっと言ったのが聞こえます。試しに子どもも、ボタンを押すときにえいっと言うと、切符が出てきました。
(323文字)

ChatGPTでもっと簡単にまとめられます。

(3~10秒後にボタンの下に赤文字で表示されます)

筆者の主張(考え)
主な登場人物父さん、子ども
結末(末尾)・結論子どもは電車の中で考えました。家につくころ、自分がえいっをやって一番好きな人を出すと父さんに言い、家のベルを押します。すると母さんがドアを開けてくれました。父さんは感心します。
文章種別児童文学
感想(例)

教科書に掲載されたのはいつから?何年生?

えいっ は 1992 年の小学二年生 の教科書から採用されました。

学年掲載年度生まれ年換算
小学二年生1992~1999
2015~現行
掲載中≫教育出版の小二教科書
1984~1991
2007~現行

えいっ の本文の確認・学習の方法

調査中です。