ごんぎつね|小四 (新美南吉) | 国語教科書の素材辞典

ごんぎつね|小四 (新美南吉)

ごんぎつね は 新美南吉 によって書かれた児童文学 です。小学四年生の教科書に採用されています。

タイトルや作者で検索

ごんぎつね の概要

作者、翻訳者

項目データよみがな
作品ごんぎつねごんぎつね
作者新美南吉
新美南吉の教科書作品一覧
にいみなんきち
訳者

あらすじ、結末

項目データ
あらすじ(要約)・冒頭(書き出し)ごんは村でいたずらばかりして村人を困らせていた。ある日、村人の兵十が川で捕った魚やうなぎを、ごんはわざと逃がしてしまう。その後すぐ、兵十の母親の葬式が行われるのを見て、いたずらで逃がした魚やうなぎは母親に食べさせるためだったと気づき後悔する。その後は兵十に償うため、こっそりと食べ物を届けるようになる...
(153文字)

ChatGPTでもっと簡単にまとめられます。

(3~10秒後にボタンの下に赤文字で表示されます)

筆者の主張(考え)
主な登場人物ごん、兵十、加助
結末(末尾)・結論いつものように兵十の家にこっそり栗を届けたごんは、目的を知らない兵十に火縄銃で撃たれる。直後に兵十は栗が置いてあるのに気づき、本当の届け主を知る。
文章種別児童文学
感想(例)

教科書に掲載されたのはいつから?何年生?

ごんぎつね は 1956 年の小学四年生 の教科書から採用されました。

学年掲載年度生まれ年換算
小学三年生19611952
小学四年生1956~現行
掲載中≫東京書籍の小四教科書
掲載中≫学校図書の小四教科書
掲載中≫教育出版の小四教科書
掲載中≫光村図書出版の小四教科書
1946~現行
中学三年生2012~20151997~2000

ごんぎつね の本文の確認・学習の方法

電子ブック、スマホで読む方法

ごんぎつね をネット経由で読む方法を紹介します。

リンク所要時間
全文無料 青空文庫10分以内
全文無料 半田市教育委員会10分以内
※リンク先は当サイトと無関係です

テスト対策の方法

調査中です。