イランカラプテの心|小六 (新井満) | 国語教科書の素材辞典

イランカラプテの心|小六 (新井満)

イランカラプテの心 は 新井満 によって書かれた随筆ずいひつ です。小学六年生の教科書に採用されています。

タイトルや作者で検索

イランカラプテの心 の概要

作者、翻訳者

項目データよみがな
作品イランカラプテの心いらんからぷてのこころ
作者新井満あらいみつる
訳者

あらすじ、結末

項目データ
あらすじ(要約)・冒頭(書き出し)筆者は作詞・作曲をすることがあり、その一つで「千の風になって」という歌をアイヌ語に翻訳したい、という申し出を受けたのをきっかけに、アイヌ民族の方と親しくなった。その方から、「イランカラプテ」というアイヌ語の挨拶を習い、筆者はその言葉が持つ相手を思いやる心に感動する。そこで、この言葉が歌になり世界中に広がることを夢見て二人でイランカラプテの歌を作る。地球上に多くの異なる民族が共存している、もし自分との違いに直面した時にどうすべきか、その時には尊重し思いやるイランカラプテの心を思い出してほしい。
(248文字)

ChatGPTでもっと簡単にまとめられます。

(3~10秒後にボタンの下に赤文字で表示されます)

筆者の主張(考え)
主な登場人物
結末(末尾)・結論
文章種別随筆ずいひつ
感想(例)

教科書に掲載されたのはいつから?何年生?

イランカラプテの心 は 2020 年の小学六年生 の教科書から採用されました。

学年掲載年度生まれ年換算
小学六年生2020~現行
掲載中≫学校図書の小六教科書
2008~現行

イランカラプテの心 の本文の確認・学習の方法

調査中です。