わすれられないおくりもの|小三 (スーザン・バーレイ) | 国語教科書の素材辞典

わすれられないおくりもの|小三 (スーザン・バーレイ)

わすれられないおくりもの は スーザン・バーレイ によって書かれた児童文学 です。小学三年生の教科書に採用されています。

タイトルや作者で検索

わすれられないおくりもの の概要

作者、翻訳者

項目データよみがな
作品わすれられないおくりものわすれられないおくりもの
作者スーザン・バーレイすーざん・ばーれい
訳者小川仁央おがわひとみ

あらすじ、結末

項目データ
あらすじ(要約)・冒頭(書き出し)高齢のアナグマは弱って走れなくなり、死ぬ時期が近いことを悟っていた。ある夜、アナグマは以前のように自由に走れる自分に気付く。翌朝、アナグマが起きてこないのでキツネが見に行くと、アナグマは仲間への手紙を残して死んでいた。アナグマにお世話になった仲間たちは、アナグマを失った悲しみに沈む。しかし、春になる頃にはみんな、アナグマとの楽しい思い出を話せるようになっていた,,,
(184文字)

ChatGPTでもっと簡単にまとめられます。

(3~10秒後にボタンの下に赤文字で表示されます)

筆者の主張(考え)
主な登場人物アナグマ、キツネ、モグラ
結末(末尾)・結論モグラは丘にのぼり、アナグマが残してくれた楽しい思い出へお礼をつぶやく
文章種別児童文学
感想(例)

教科書に掲載されたのはいつから?何年生?

わすれられないおくりもの は 1996 年の小学三年生 の教科書から採用されました。

学年掲載年度生まれ年換算
小学三年生1996~現行
掲載中≫教育出版の小三教科書
1987~現行

わすれられないおくりもの の本文の確認・学習の方法

調査中です。