世界でいちばんやかましい音|小四 小五 (ベンジャミン・エルキン) | 国語教科書の素材辞典

世界でいちばんやかましい音|小四 小五 (ベンジャミン・エルキン)

世界でいちばんやかましい音 は ベンジャミン・エルキン によって書かれた児童文学 です。小学四年生、小学五年生の教科書に採用されています。

タイトルや作者で検索

世界でいちばんやかましい音 の概要

作者、翻訳者

項目データよみがな
作品世界でいちばんやかましい音せかいでいちばんやかましいおと
作者ベンジャミン・エルキンべんじゃみん・えるきん
訳者松岡享子まつおかきょうこ

あらすじ、結末

項目データ
あらすじ(要約)・冒頭(書き出し)世界で一番やかましい町・ガヤガヤ。ここでは人々もアヒルも戸もおまわりさんもやかましい音を立てる。ここのギャオギャオ王子は次の誕生日に「世界でいちばんやかましい音が聞きたい」と王様にねだる。そのため、誕生日の日に世界中の人が同時にどなってやかましい音を作ろうとう計画し、全世界に使いやお知らせを送ったところ、みな協力を惜しまない。ある日、ある小さな町で一人の奥さんが旦那さんに、自分がわめいたら人の声が聞こえない、こっそりと黙っていて世界でいちばんやかましい音を聞いてみたい、と発案する。その考えを、悪気はなく近所に伝え、聞いた人が職場に伝え、聞いた人が友だちに伝え...みんな、わたし一人くらい黙ってたってわからないはず、と思っている...
(320文字)

ChatGPTでもっと簡単にまとめられます。

(3~10秒後にボタンの下に赤文字で表示されます)

筆者の主張(考え)
主な登場人物ギャオギャオ王子、王様
結末(末尾)・結論約束の瞬間、だれもが黙って耳を澄まし、ガヤガヤの町も静まり返った中で、王子は庭の小鳥の歌や木の葉、小川の自然の音を初めて聞いて大喜び。王子さまは静けさと落ち着きを気に入り、今ではガヤガヤの町の入り口には、世界で一番静かな町という札が立っている。
文章種別児童文学
感想(例)

教科書に掲載されたのはいつから?何年生?

世界でいちばんやかましい音 は 2011 年の小学四年生 の教科書から採用されました。

学年掲載年度生まれ年換算
小学四年生2011~現行
掲載中≫学校図書の小四教科書
2001~現行
小学五年生2011~現行
掲載中≫東京書籍の小五教科書
2000~現行

世界でいちばんやかましい音 の本文の確認・学習の方法

調査中です。