国境なき大陸 南極|小六 (柴田鉄治) | 国語教科書の素材辞典

国境なき大陸 南極|小六 (柴田鉄治)

国境なき大陸 南極 は 柴田鉄治 によって書かれた説明文 です。小学六年生の教科書に採用されています。

タイトルや作者で検索

国境なき大陸 南極 の概要

作者、翻訳者

項目データよみがな
作品国境なき大陸 南極こっきょうなきたいりく なんきょく
作者柴田鉄治しばたてつじ
訳者

あらすじ、結末

項目データ
あらすじ(要約)・冒頭(書き出し)筆者は若いころ南極の日本基地の取材に行き、帰りに、当時は東西陣営に分かれて国家同士の仲が悪かったソ連の基地を訪ねる。ソ連基地の隊員と打ち解け、国境がない南極大陸は、世界平和の理想を先取りした地域だと実感する。筆者は40年後にももう一度訪問し、これらの訪問を通じた思いをまとめた。一つ目に、南極大陸の観測・分析で地球環境の変化がわかり、将来の地球を考えられること、二つ目に、南極は世界平和について素直に考え、行動できる土地だということである。
(220文字)

ChatGPTでもっと簡単にまとめられます。

(3~10秒後にボタンの下に赤文字で表示されます)

筆者の主張(考え)
主な登場人物
結末(末尾)・結論地球環境を守り、地球上から戦争をなくすには、世界中の人が地球全体を考えることが大事だと思う。南極は人類社会の理想像を考えさせてくれる場所で、この理想像に向かって皆が進めば世界は平和になるだろう。
文章種別説明文
感想(例)

教科書に掲載されたのはいつから?何年生?

国境なき大陸 南極 は 2015 年の小学六年生 の教科書から採用されました。

学年掲載年度生まれ年換算
小学六年生2015~現行
掲載中≫学校図書の小六教科書
2003~現行

国境なき大陸 南極 の本文の確認・学習の方法

調査中です。