プログラミングで未来を創る|小六 (石戸奈々子) | 国語教科書の素材辞典

プログラミングで未来を創る|小六 (石戸奈々子)

プログラミングで未来を創る は 石戸奈々子 によって書かれた説明文 です。小学六年生の教科書に採用されています。

タイトルや作者で検索

プログラミングで未来を創る の概要

作者、翻訳者

項目データよみがな
作品プログラミングで未来を創るぷろぐらみんぐでみらいをつくる
作者石戸奈々子いしどななこ
訳者

あらすじ、結末

項目データ
あらすじ(要約)・冒頭(書き出し)これからはあらゆる場面でコンピュータが使われ、それらは「プログラム」によって動いている。しかしプログラムもツールにすぎず、大事なことは「プログラミング」によって何を表現するかだ。未来を創るのは自分自身なのだ。みなさんはどんな未来や人生を描くだろうか、自ら想像して、創りだしていってほしい。
(144文字)

ChatGPTでもっと簡単にまとめられます。

(3~10秒後にボタンの下に赤文字で表示されます)

筆者の主張(考え)
主な登場人物
結末(末尾)・結論
文章種別説明文
感想(例)

教科書に掲載されたのはいつから?何年生?

プログラミングで未来を創る は 2020 年の小学六年生 の教科書から採用されました。

学年掲載年度生まれ年換算
小学六年生2020~現行
掲載中≫光村図書出版の小六教科書
2008~現行

プログラミングで未来を創る の本文の確認・学習の方法

調査中です。