ま行の素材 | 国語教科書の素材辞典

ま行の素材

児童文学

みみずのたいそう|小一 (神沢利子)

児童文学

モチモチの木|小三 (斎藤隆介)

未知へ|小五 (木村信子)

小説・戯曲

宮沢賢治|小五 (西本鶏介)

説明文・論説

みぶりでつたえる|小一 (野村雅一)

説明文・論説

めだか|小三 (杉浦宏)

小説・戯曲

木龍うるし|小四 (木下順二)

説明文・論説

まんがの方法|小五 (石田佐恵子)

小説・戯曲

みすゞさがしの旅―みんなちがって、みんないい|小五 (矢崎節夫)

随筆・随想

「迷う」|小六 (日高敏隆)

児童文学

ミリーのすてきなぼうし|小二 (きたむらさとし)

児童文学

まいごのかぎ|小三 (斉藤倫)

説明文・論説

見立てる|小五 (野口廣)

児童文学

モモ|小五 (ミヒャエル・エンデ)

虫|中一 (八木重吉)

曲がり角|中一 (銀色夏生)

胸にゐる|中一 (立原道造)

未来へ|中二 (谷川俊太郎)

随筆・随想

枕草子|中二 高校 (清少納言)

説明文・論説

「みんなでいるから大丈夫」の怖さ|中一 (山村武彦)

小説・戯曲

むさぼり|中二 (辻邦生)

随筆・随想

見えないチカラとキセキ|中二 (浦田理恵 竹内由美)

説明文・論説

間の文化|中三 (長谷川櫂)

説明文・論説

「文殊の知恵」の時代|中三 (北川達夫)

説明文・論説

森には魔法つかいがいる|中一 (畠山重篤)

説明文・論説

水の山 富士山|中二 (丸井敦尚)

説明文・論説

学ぶ力|中二 (内田樹)

説明文・論説

メディア・リテラシーはなぜ必要か?|中三 (森達也)

水の星|中三 (茨木のり子)

説明文・論説

幻の魚は生きていた|中一 (中坊徹次)

見えないだけ|中二 (牟礼慶子)

説明文・論説

モアイは語る 地球の未来|中二 (安田喜憲)

水のこころ (高田敏子)

説明文・論説

町の幸福論―コミュニティデザインを考える (山崎亮)

説明文・論説

めだかのぼうけん (伊地知英信)

説明文・論説

ミラクルミルク (中西敏夫)

説明文・論説

B ムササビがくらす森 (今泉吉晴)

児童文学

みちくさ (阿部夏丸)

随筆・随想

森へ (星野道夫)

説明文・論説

メディアと人間社会 (池上彰)

随筆・随想

メッセージをどう聞くか (加賀美幸子)

説明文・論説

ものづくりに生きる (小関智弘)

小説・戯曲

物と心 (小川国夫)

随筆・随想

まなちゃんの道 (角田光代)

随筆・随想

昔話 (星野博美)

説明文・論説

孫が読む漱石―坊っちゃん (夏目房之介)

随筆・随想

目撃者の眼 (ジョー・オダネル)

説明文・論説

武蔵野の風景―二次的な自然環境について (内山節)

水のようなひと (おーなり由子)

随筆・随想

無言館の青春 (窪島誠一郎)

随筆・随想

無名の人 (司馬遼太郎)

説明文・論説

メディアと上手に付き合うために (池上彰)

説明文・論説

もうどう犬の訓練 (吉原順平)

説明文・論説

未来に生かす自然のエネルギー (牛山泉)

説明文・論説

メディア・リテラシー入門 (池上彰)

児童文学

みんなおなじでもみんなちがう (奥井一満)

説明文・論説

身ぶりのはたらき (東山安子)

まいにち「おはつ」 (工藤直子)

児童文学

まんじゅうこわい (石崎洋司)

説明文・論説

メディアとの付き合い方 (堀田龍也)

児童文学

まほう使いのチョコレート・ケーキ (マーガレット・マーヒー)

児童文学

まのいいりょうし (稲田和子 筒井悦子)

児童文学

もうすぐ雨に (朽木祥)

児童文学

見るなのざしき (桜井信夫)

説明文・論説

「見える」ということ (福岡伸一)

説明文・論説

冥王星が「準惑星」になったわけ (渡部潤一)

小説・戯曲

森の地図 (阿部夏丸)

小説・戯曲

みどり色の記憶 (あさのあつこ)

説明文・論説

虫は道具をもっている (澤口たまみ)

めがさめた (工藤直子)

まり (八木重吉)

説明文・論説

もったいない (吉野信吾 小野寺慎一郎)

説明文・論説

森のスケーター やまね (湊秋作)

児童文学

みいつけた (大野正男)

みいつけた (岸田衿子)

児童文学

茂吉のねこ (松谷みよ子)

児童文学

三つのお願い (ルシール・クリフトン)

説明文・論説

メディアを学ぶ (菅谷明子)

説明文・論説

モンシロチョウの手旗信号 (小原嘉明)

説明文・論説

松と杉 (安藤邦廣)

説明文・論説

ものづくりの知恵 (小関智弘)

説明文・論説

まだ言葉にならないものを描く (井上直久)

小説・戯曲

麦わら帽子 (今江祥智)

説明文・論説

未来をひらく微生物 (大島泰郎)

説明文・論説

胸の底の人と言葉たち (宮地裕)

小説・戯曲

マドゥーの地で (貫戸朋子)

説明文・論説

メディア社会を生きる (水越伸)

みえないストロー (野呂昶)

説明文・論説

マンガの表現を楽しむ (竹内オサム)

説明文・論説

森を育てる漁師の話 (野坂勇作)

児童文学

愛を運ぶ人 マザー=テレサ (千葉茂樹)

児童文学

マザー・テレサ (真鍋和子)

説明文・論説

マンモス絶滅のなぞ (後藤和文)

児童文学

まんじゅうこわい (川端誠)

説明文・論説

森を育てる炭作り (岸本定吉)

児童文学

美月の夢 (長崎夏海)

未確認飛行物体|高校 (入沢康夫)

未知の世界へ (小野十三郎)

説明文・論説

メディアとわたしたち (見城武秀)

説明文・論説

未来の花たちへ あなたに伝えたいことがある (落合恵子)

小説・戯曲

水にうかぶ桜 (川上弘美)

随筆・随想

無医村の優しい人々 (渡辺啓子)

説明文・論説

森は海の恋人 (畠山重篤)

説明文・論説

「めぐる輪」の中で生きる (菅原由美子)

小説・戯曲

物語が走る (奥脇抄)

説明文・論説

マスメディアを通した現実世界 (池田謙一)

児童文学

まど (森山京)

児童文学

マーリャンとまほうの筆 (ホンシュンタオ)

児童文学

マコちゃん (那須正幹)

児童文学

虫のゆりかご (岡島秀治)

満開の桜 (工藤直子)

まどさんのうた (阪田寛夫)

説明文・論説

「まあまあ」にみる日本人の心 (森本哲郎)

説明文・論説

「見える」ことの落とし穴 (清水邦夫)

小説・戯曲

まき割り (伊集院静)

ミミコの独立 (山之口貘)

小説・戯曲

幻の錦 (只野哲)

木琴 (金井直)

三つのイメージ (谷川俊太郎)

児童文学

もぐら原っぱのなかまたち (古田足日)

児童文学

まぼろしの町 (那須正幹)

説明文・論説

みんなのなかで生きる (田宮輝夫)

児童文学

みあげれば宇宙 (工藤直子)

児童文学

まっくら (矢崎節夫)

説明文・論説

虫を食べるしょくぶつ (清水清)

説明文・論説

マイクロマシンのゆめ (中島尚正)

児童文学

ムムルー (ヴァルデ・マール)

児童文学

森に生きる (今江祥智)

児童文学

麦畑 (アリスン・アトリー)

児童文学

南に帰る (石井睦美)

随筆・随想

守る、みんなの尾瀬を (後藤允)

みどりのしばふにあめよふれ(マザーグース) (不明)

児童文学

水玉 (森山京)

説明文・論説

ものの名前 (倉持保男)

説明文・論説

ムササビのすむ町 (今泉吉晴)

虫の夢 (大岡信)

小説・戯曲

媽祖の贈り物 (日影丈吉)

説明文・論説

漫画と想像力 (佐藤忠男)

見えない季節|高校 (牟礼慶子)

説明文・論説

ミツバチの帰路 (内田亨)

随筆・随想

緑の長城はできるか (辰濃和男)

小説・戯曲

霧笛 (レイ・ブラッドベリイ)

説明文・論説

物事の正解は一つだけではない (ロジャー・フォン・イーク)

児童文学

もうすぐ春です (やなぎやけいこ)

水たまり (武鹿悦子)

村の人口 (原田直友)

説明文・論説

潜り橋(橋と日本人) (上田篤)

説明文・論説

まちづくりの心 (田村明)

身構えているもの (宮澤章二)

説明文・論説

ものの見方と言葉 (井上尚美)

説明文・論説

無言化社会の中で (樺島忠夫)

説明文・論説

身近になった宇宙 (木村繁)

説明文・論説

民族と文化 (本多勝一)

児童文学

もしも名まえがなかったら (田川時彦)

説明文・論説

メダカのたん生 (酒泉満)

茂作じいさん (小林純一)

児童文学

もしもしお母さん (久保喬)

児童文学

むぎわらとんぼ (平塚武二)

児童文学

明治の夜 (坪田譲治)

児童文学

三日月 (松谷みよ子)

小説・戯曲

マリアンの海 (フランス・ファン・アンローイ)

児童文学

まほうのえんぴつ (佐藤さとる)

児童文学

虫たいじの願い (筑波常治)

説明文・論説

マリモの秘密 (折井英治)

小説・戯曲

宮沢賢治-人と作品(宮沢賢治の童話) (野村純三)

児童文学

村のえいゆう (ハロルド・クーランダー ウルフ・レスロー)

説明文・論説

まん画 (手塚治虫)

説明文・論説

町角の標語 (池田弥三郎)

説明文・論説

学ぶことと人間の知恵|高校 (広中平祐)

説明文・論説

マンモスの狩人 (井尻正二)

まんさくの花 (竹内てるよ)

未来へ (丸山薫)

説明文・論説

湖は今 (伊藤和明)

児童文学

緑の馬 (斎藤隆介)

虫けら (大関松三郎)

小説・戯曲

民衆の幸せを求めて-柳田国男- (牧田茂)

随筆・随想

見ることについて (串田孫一)

児童文学

またとない天敵 (金光不二夫)

説明文・論説

ものの名前 (沢田允茂)

説明文・論説

昔の童謡 (森末義彰)

説明文・論説

問題意識を持って聞く (扇谷正造 中島国太郎)

説明文・論説

「ものを言う」ということ (寿岳章子)

小説・戯曲

ものにはすべて名まえがある (ヘレン・ケラー)

説明文・論説

まねっこ (なだいなだ)

説明文・論説

三つの民族・四つの国語 (吉田康彦)

小説・戯曲

緑と青の自然 (筑波常治)

小説・戯曲

マッチ (永井龍男)

小説・戯曲

前野良沢 (吉村昭)

児童文学

みかんの木の寺 (岡本良雄)

児童文学

むささび星 (今西祐行)

説明文・論説

水にうく仕組み (矢島稔)

児童文学

町角のライオンがり (シャルル・ルイ・フィリップ)

説明文・論説

身ぶりのことばから口ことばへ (ミハイル・イリーン)

児童文学

村一番のさくらの木 (来栖良夫)

まほうづかい (島崎藤村)

説明文・論説

むかし話を語りつぐ子どもたち (吉沢和夫)

説明文・論説

もう一度考える (亀井勝一郎)

小説・戯曲

南伊予 (松本清張)

小説・戯曲

耳なし芳一のはなし (小泉八雲)

説明文・論説

森の恵み (山本学治)

児童文学

間宮林蔵 (筑波常治)

説明文・論説

毎日のことば (柳田国男)

説明文・論説

ミツバチのことば (桑原万寿太郎)

説明文・論説

命題 (矢野健太郎)

説明文・論説

学ぶことで自分を変える (斎藤喜博)

説明文・論説

民話 (佐々木喜善)

説明文・論説

モンゴルのゲルの生活 (磯野富士子)

小説・戯曲

宮沢賢治 (森荘已池)

未来 (谷川俊太郎)

児童文学

みんなでつくったおかしパン (柴野民三)

児童文学

モモちゃんが生まれたとき (松谷みよ子)

児童文学

ミツバチブンブン (小林純一)

説明文・論説

ムクドリの生活 (黒田長久)

児童文学

また学校が始まります (アストリッド・リンドグレーン)

ミンミンの歌 (室生犀星)

水 (大関松三郎)

説明文・論説

ミズバショウ (渡辺ひろし)

児童文学

町を行進したぼくたち (大石真)

説明文・論説

ものの名前 (岩淵悦太郎)

児童文学

町を救った犬 (角田光男)

児童文学

宮沢賢治 (堀尾青史)

児童文学

無停車鉄道 (ヤーコフ・イシドロヴィッチ・ペレリマン)

児童文学

めもあある美術館 (大井三重子)

説明文・論説

みのむしのみの作り (アンリ・ファーブル)

説明文・論説

未知の世界への旅 (森本哲郎)

児童文学

むねつまりなし (石森延男)

児童文学

マカルーの旗 (松尾伸)

説明文・論説

民間科学の勝利-麻田剛立・間重富・高橋至時 (大野三郎)

説明文・論説

昔の家 (清水一)

説明文・論説

水にすむ昆虫 (日高敏隆)

説明文・論説

明確に伝える (波多野完治)

説明文・論説

水飲み鳥の原理 (近角聡信)

未明の馬 (丸山薫)

小説・戯曲

マンボウ昆虫記 (北杜夫)

説明文・論説

紫式部と清少納言 (池田亀鑑)

実死なず (与田凖一)

水あゆのうた (室生犀星)

児童文学

森の手じなし (坪田譲治)

児童文学

みんなでるすばん (岡本良雄)

小説・戯曲

まねしこぞう (加藤道夫)

児童文学

祭りの日 (石森延男)

小説・戯曲

夢応の鯉魚(雨月物語:鯉になった話) (上田秋成)

説明文・論説

マス-コミと現代生活 (西本三十二)

魔王 (ゲーテ)

児童文学

まっかなねこのじけん (岡本良雄)

児童文学

見たことがありますか (平塚武二)

説明文・論説

見知らぬ人に (中根千枝)

三好達治の詩 (山本健吉)

宮沢賢治の詩 (与田凖一)

小説・戯曲

名人伝|高校 (中島敦)

小説・戯曲

虫のいろいろ|高校 (尾崎一雄)

説明文・論説

ものの名まえ (林大)

説明文・論説

みつばちのことば (井上丹治)

小説・戯曲

港の少女 (壺井栄)

小説・戯曲

面 (横光利一)

小説・戯曲

見たこと考えたこと (角田房子)

小説・戯曲

物にはすべて名前がある (森岡健二)

説明文・論説

紫式部と清少納言 (円地文子)

説明文・論説

民主主義と家庭 (我妻栄)

説明文・論説

マス-コミ時代の読書 (滝沢武久)

説明文・論説

万葉の人々 (山本健吉 池田弥三郎)

説明文・論説

未開と文明 (今西錦司)

春の詩-目ざめ- (ジュール・シュペルヴィエル)

随筆・随想

未来への夢 (井上靖)

小説・戯曲

モーツァルト (スタンダール)

説明文・論説

マス-コミュニケーションによる報道 (南博)

説明文・論説

みんなに発言の機会を (水原泰介)

説明文・論説

正岡子規 (石森延男)

説明文・論説

モゴール族探検記 (梅棹忠夫)

説明文・論説

もの言うこと(物言いについて) (桑原武夫)

説明文・論説

明快な文章 (大石初太郎)

説明文・論説

水 (犬養道子)

児童文学

牧野富太郎 (柴野民三)

児童文学

まどガラスとさかな (奈街三郎)

児童文学

燃える島 (佐々木たづ)

児童文学

木馬の目 (吉田とし)

説明文・論説

模造真珠について (大塚明郎)

随筆・随想

文学と人生 (高橋健二)

説明文・論説

妙高高原のブユ退治 (佐々学)

説明文・論説

みかんの皮の意匠 (谷口吉郎)

説明文・論説

水に住む虫 (大町文衛)

説明文・論説

マス-コミュニケーションについて (加藤秀俊)

曲がった木 (山村暮鳥)

小説・戯曲

めくらぶどうとにじ (宮沢賢治)

説明文・論説

間について (田代晃二)

小説・戯曲

みそっかす (幸田文)

小説・戯曲

物語と少女 (堀辰雄)

説明文・論説

マス-コミュニケーションのはたらき (堀川直義)

説明文・論説

祭りのいろいろ (池田弥三郎)

窓 (よしかわつねこ)

説明文・論説

マス-コミ時代の読書 (阪本一郎)

説明文・論説

民主主義の基礎にあるもの (我妻栄)

説明文・論説

物の値うちとことば (加藤秀俊)

随筆・随想

マッターホルンの初登頂 (エドワード・ウィンパー)

小説・戯曲

マゼラン-偉大な瞬間- (シュテファン・ツヴァイク)

説明文・論説

むだのない文章 (谷崎潤一郎)

説明文・論説

目的を考えて(話しことばの性格) (大石初太郎)

小説・戯曲

魔術 (芥川龍之介)

説明文・論説

物語を愛する心 (古賀忠道)

小説・戯曲

祭りのばん (宮沢賢治)

小説・戯曲

無実の罪 (井原西鶴)

説明文・論説

虫のおろかさ(ファーブル昆虫記) (アンリ・ファーブル)

小説・戯曲

みちくさ (シャルル・ルイ・フィリップ)

随筆・随想

まささんのこと (丸岡秀子)

児童文学

水のいたずら (宮下正美)

児童文学

まほう (坪田譲治)

説明文・論説

「昔話」について (坪田譲治)

児童文学

目撃者 (石井桃子)

説明文・論説

マネージャー (渡辺幸雄)

小説・戯曲

マリン-スノー (吉見泰)

説明文・論説

昔話の話 (関敬吾)

随筆・随想

みの虫とくも (寺田寅彦)

説明文・論説

マス-コミュニケーションの働き (堀川直義)

説明文・論説

身近なオートメーション (岡田日出士)

説明文・論説

民主社会を築くために (近藤唯一)

説明文・論説

ママはパパだった (中村通夫)

説明文・論説

みかんとからたち(中国イソップ物語) (坂井徳三)

随筆・随想

漫画をかく心 (近藤日出造)

説明文・論説

まかぬ種ははえぬ (金子武雄)

説明文・論説

水の科学 (桜井武平)

小説・戯曲

無実の囚人 (レフ・ニコラエヴィッチ・トルストイ)

村の郵便配達 (千家元麿)

名刺 (山村暮鳥)

随筆・随想

マナスルに立つ (近藤等)

随筆・随想

真夏の日本海 (中谷宇吉郎)

説明文・論説

ものの言いよう (宇野義方)

説明文・論説

みつばち先生 (斎藤広一)

説明文・論説

宮沢賢治のしょうがい (草野心平)

窓 (江口榛一)

児童文学

虫の観察 (アンリ・ファーブル)

説明文・論説

マス・コミュニケーションと新聞 (千葉雄次郎)

説明文・論説

未踏の旅 (竹山道雄)

児童文学

目のわるい三人 (伊藤貴麿)

随筆・随想

摩周湖 (松崎昭一)

小説・戯曲

舞い込んだ手紙 (永来重明)

松 (永瀬清子)

麦ふみ (丸山薫)

児童文学

森の中で (長尾勝昭)

まどをあけよう (江口榛一)

随筆・随想

モンゴル紀行 (服部四郎)

児童文学

もうくろの話 (庄野英二)

児童文学

三つの願い (不明)

小説・戯曲

モーツァルト (野上弥生子)

説明文・論説

民芸の美 (柳宗悦)

みちのくの手紙 (高村光太郎)

随筆・随想

娘たちへ (寺田寅彦)

随筆・随想

もの言う術 (内藤濯)

児童文学

村の祭に (マツサカタダノリ)

説明文・論説

もう一つの世界 (天野貞祐)

小説・戯曲

魔法使いのでし (飯沢匡)

説明文・論説

ものの見方 (笠信太郎)

小説・戯曲

「枕草子」抄 (田中澄江)

小説・戯曲

森とひろ野 (イワン・セルゲーエヴィチ・ツルゲーネフ)

小説・戯曲

武蔵野 (国木田独歩)

小説・戯曲

まぐろつり (ビセンテ・ブラスコ・イバニェス)

説明文・論説

マス・コミュニケーション (内川芳美)

小説・戯曲

まね (菊池寛)

随筆・随想

武蔵野をたずねる (小池助男)

みつけもの (ゲーテ)

随筆・随想

マナスルに立つ (日下田実)

みそしる (百田宗治)

飯 (千家元麿)

窓 (草野心平)

小説・戯曲

見知らぬ人 (栗原一登)

説明文・論説

身についたことば (内藤濯)

説明文・論説

めずらしい植物 (中村浩)

随筆・随想

緑のデンマーク (高橋健二)

小説・戯曲

宮沢賢治 (谷川徹三)

南の国の春 (巽聖歌)

説明文・論説

虫をたべるしょく物 (真船和夫)

児童文学

みそさざい (小川未明)

説明文・論説

まさつ電気の実けん (大矢真一)

未来 (大木実)

児童文学

虫のちえ (アンリ・ファーブル)

むねのドキドキとくちびるのふるえと (国分一太郎)

児童文学

まさおさんのおつかい (徳永寿美子)

児童文学

みつばちマーヤ (ワルデマル・ボンゼルス)

児童文学

もらったミット (百田宗治)

児童文学

まさ子さんの歌 (谷馨)

説明文・論説

文字の話 (大西雅雄)

緑の木 (佐藤義美)

児童文学

森のなかま (石森延男)

小説・戯曲

三つの話 (レフ・ニコラエヴィッチ・トルストイ)

ものを見る目 (北原白秋)

随筆・随想

目だたぬ光 (小泉信三)

随筆・随想

民衆の知恵 (柳田国男)

随筆・随想

見える話と見えない話 (中村通夫)

小説・戯曲

みとり日記 (小林一茶)

説明文・論説

模倣と独創 (串田孫一)

説明文・論説

マス-コミュニケーションについて (波多野完治)

麦 (千家元麿)

説明文・論説

森鴎外と芥川龍之介 (塩田良平)

随筆・随想

緑の朝 (森田たま)

児童文学

文字のない社会 (ミハイル・イリーン)

説明文・論説

モナ・リザ (嘉門安雄)

説明文・論説

三つの新聞 (植竹円次)

小説・戯曲

マリー=キュリー (大野三郎)

説明文・論説

みんなで考えよう (高森敏夫)

説明文・論説

耳で聞く新聞 (日本放送協会)

目のはたらき (小野十三郎)

随筆・随想

水の都ヴェニス (原田健)

随筆・随想

まことの人間 (稲川三郎)

随筆・随想

もしもし (柳田国男)

説明文・論説

昔の笑話 (宮尾しげを)

児童文学

魔法のランプ (川崎大治)

随筆・随想

森の絵 (寺田寅彦)

説明文・論説

耳で聞く新聞(放送原稿) (日本放送協会報道局)

小説・戯曲

求麻川 (橘南谿)

まつばぼたん (北原白秋)

小説・戯曲

緑の小箱 (島耕二 松下東雄脚色)

もうじき春よ (サトウハチロー)

魔法のなしの木 (鹿島鳴秋)

説明文・論説

モールスの電信発明 (佐々木源蔵)

児童文学

まどのガラス (石森延男)

児童文学

みかん (豊島与志雄)

説明文・論説

まゆの研究 (高森敏夫)

児童文学

虫めがね (石森延男)

児童文学

みにくいあひるの子 (アンデルセン)

随筆・随想

未来に生きる (坂西志保)

説明文・論説

マイクロホンの使い方 (中村通夫)

説明文・論説

蒙古草原 (米内山庸夫)

随筆・随想

窓 (岸田日出刀)

めぐみを受ける (室生犀星)

随筆・随想

道 (荻原井泉水)

随筆・随想

武蔵野 (野田宇太郎)

小説・戯曲

ミレーの発奮 (山本有三)

説明文・論説

モンゴルのお正月 (磯野富士子)

小説・戯曲

めじろとひよどりとこうもり (志賀直哉)

説明文・論説

村の姿 (柳田国男)

随筆・随想

未開人と数 (矢野健太郎)

児童文学

巳之助のランプ (新美南吉)

説明文・論説

ミレーとその作品 (片山敏彦)

小説・戯曲

三つの宝 (芥川龍之介)

説明文・論説

紫式部 (池田亀鑑)

麦の芽 (野口雨情)

随筆・随想

武蔵野の冬 (吉田絃二郎)

説明文・論説

三つの作品より (片岡良一)

村の時計 (中原中也)

説明文・論説

黙読と朗読 (安良岡康作)

説明文・論説

モーゼのつえ (松村武雄)

随筆・随想

目に見えないもの:目の夏休み (湯川秀樹)

児童文学

みそさざい (酒井朝彦)

児童文学

みにくいあひるの子 (大木直太郎)

説明文・論説

まる木小屋のリンカーン (神崎清)

小説・戯曲

みんなの橋 (大江賢次)

小説・戯曲

三つの家 (額田六福)

小説・戯曲

未知の世界へ (中野好夫)

児童文学

森の子ばと (水谷まさる)

随筆・随想

民衆とことば (金田一京助)

説明文・論説

モンゴル草原を行く (米内山庸夫)

児童文学

ミシシッピ川の探検 (波多野完治)

児童文学

三つの手紙 (余寧金之助)

随筆・随想

宮沢賢治 (佐藤隆房)

説明文・論説

漫画の読みかた (滑川道夫)

小説・戯曲

村の遊び場 (山田吉彦)

随筆・随想

むかしの旅 (三井高陽)

説明文・論説

見舞の手紙 (石井庄司)

説明文・論説

文字を調べる (星山三郎)

児童文学

道 (大木直太郎)

説明文・論説

ミレー小伝 (山田邦祐)

説明文・論説

学び方の科学 (相良守次)

説明文・論説

物の言いぶり (能勢朝次)

児童文学

名曲トロイメライの母 (野上彰)

説明文・論説

文字の話 (木枝増一)

小説・戯曲

実のりの秋 (山本映佑)

随筆・随想

道風の見た雨がえる (薄田泣菫)

随筆・随想

ものの数えかた (金田一春彦)

ミニヨン (ゲーテ)

説明文・論説

虫の母 (大町文衛)

小説・戯曲

森のこども (伊藤整)

もういちどあたらしく (伊藤海彦)

随筆・随想

緑のリズム (川島理一郎)

説明文・論説

耳で聞く新聞 (NHK報道部)

随筆・随想

飯待つ間 (正岡子規)

小説・戯曲

豆はこうして煮えました (久保田万太郎)

小説・戯曲

毎日美しいものを (村岡花子)

小説・戯曲

村の託児所 (島木健作)

小説・戯曲

マラソン (阿部知二)

説明文・論説

満ぼう (大島正満)

説明文・論説

民衆に奉仕する川 (デビッド・リリエンゾール)

随筆・随想

みそさざい (中西悟堂)

随筆・随想

めだか (寺尾新)

児童文学

水遊び (平野直)

児童文学

むくどりのゆめ (浜田広介)

児童文学

もしも雲にのれたら (徳永寿美子)

随筆・随想

村の移り変わり (古谷綱武)

小説・戯曲

みかん (芥川龍之介)

説明文・論説

ミレー (相良徳三)

小説・戯曲

名選手ゲーリッグ (タカギシンジ)

みかん (阪本越郎)

説明文・論説

もう一つの知性|高校 (姜尚中)

説明文・論説

未来のありか|高校 (若林幹夫)

説明文・論説

メディアの変容|高校 (土井隆義)

随筆・随想

混じり合う言葉|高校 (ドミニク・チェン)

説明文・論説

モードの変遷|高校 (穂村弘)

小説・戯曲

無用の人|高校 (原田マハ)

説明文・論説

模倣と「なぞり」|高校 (尼ヶ崎彬)

説明文・論説

「もどかしさ」の融合|高校 (佐佐木幸綱)

説明文・論説

「物語」としての伝統|高校 (西江雅之)

説明文・論説

無彩の色|高校 (港千尋)

随筆・随想

真夏のひしこ漁|高校 (矢田勝美)

説明文・論説

まちの豊かさとは何か|高校 (山崎亮)

説明文・論説

「無駄」と進化|高校 (中屋敷均)

説明文・論説

無痛化する社会のゆくえ|高校 (森岡正博)